仕事や学校、家事に育児……。
毎日やることがたくさんあって、疲れが取れない……そんな方も多いでしょう。

今回紹介するのは、そんな頑張る皆さんが元気になれる映画たちです。
明日からの活力になる映画ばかりなので、ぜひリラックスタイムに鑑賞してみてくださいね。

(1)プーと大人になった僕

みんな大好き、プーさんの実写化です。
2018年に公開されたこちらの映画は、「クマのプーさん」のその後のストーリー。

誰でも知っているキャラクターが、愛くるしい姿になって登場します。
大人になったクリストファーロビンは、子どもの頃の気持ちを忘れてしまっていますが、それは現代の大人にもいえること。

本当に大切なものはなんなのか考えさせられますし、何よりもちょっと古びたぬいぐるみになったプーさんたちが可愛すぎて癒しになりますよ。

(2)ビリギャル

ベストセラーになった実話の本『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の実写化です。
誰にも期待されていなかった女子高生が、1年で偏差値を40あげ、慶応大学に合格するまでの物語。

主人公が無理と言われ続けても、先生や母親の期待に応えたいと頑張る姿に勇気をもらえます。
実話がベースなので、「私もやればできる!」と元気をもらえる映画です。

(3)阪急電車

ローカルな阪急電車中で繰り広げられる、人とのかかわりを描いた映画です。
片道15分の電車ですが、その中での出来事を丁寧に描いています。

とてもハートフルな気分になれる群像劇で、ストーリーはもちろん、構成なども高い評価を受け、多くの映画賞を受賞しています。
気軽にみられてほっこりとした気分になれる映画です。

(4)プラダを着た悪魔

2006年に公開されたこちらの洋画は、今もなお世界で絶賛されている映画の一つです。
特に女性からの支持が多く、女性の社会進出や、プロの仕事をこなす人々の姿を描いた作品は、現在の働く女性たちの心に刺さるようです。

ファッション誌の女性編集長というオシャレな職種であることもポイント!
明日からの仕事を頑張る、社会人に特におすすめな映画となっています。


元気がもらえる映画を4つ紹介しました。
毎日頑張りたい人はぜひ鑑賞して、モチベーションアップにつなげて下さいね。

(恋愛jp編集部)