好きな男性を目の前にすると、恥ずかしくて甘えられないという人もいますよね。
それならLINEで甘えてみてはいかがでしょうか?

面と向かってじゃなければ、恥ずかしくないかもしれません。
今回は、男性がその気になる上手なLINEの甘え方を4つご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

(1)素直に「会いたい」

『ストレートに会いたいって言われるとキュンとする』(27歳/不動産)

忙しい彼にあんまり「会いたい」って言って困らせない方がいいかな……って思ってしまいますよね。
しかしずっと会ってないのに全然「会いたい」と言われないのも男性としては寂しいみたいですよ。

毎日のようにしつこく「会いたい」ってLINEするのはNGですが、ときどき甘えるのは彼を喜ばせます。
我慢しすぎるより、たまには「会いたい」って素直な気持ちを伝えてはいかがでしょうか。

(2)デートで行きたい場所をおねだり

『デート場所を任せっきりにされるより、行きたい場所をおねだりされる方が嬉しい』(29歳/建築)

「〇〇に行きたいな」とデートで行きたい場所をおねだりするのは、わがままではありません。
彼に行きたい場所を聞かれて「どこでもいいよ」というよりよほど可愛いです。

「次のデートは〇〇に連れて行ってほしいな」とLINEで可愛くおねだりしてみましょう。
可愛く甘えたら、きっと喜んでくれますよ!

(3)「声が聞きたいな」と電話をおねだり

『声が聞きたいな、なんて言われたらすぐ電話するよ!』(27歳/販売)

しばらく会えてなかったら、LINEだけでなく電話でもコミュニケーションを取りたくなりますよね。

「寝る前に〇〇くんの声が聞きたいな」と可愛く甘えると、彼はキュンとするはずです。
「電話しようか?」とすぐに応えてくれるでしょう。

(4)短文で甘えるのがポイント

『長文の中で甘えられても見逃すかも……』(25歳/営業)

甘えたいときは、短文でわかりやすく甘えるのがポイントです。
長文の中の一部に甘えるようなことを書いても、うまく伝わらないかもしれません。

「会いたいよ」「寂しいな」とシンプルな文章の方が確実に伝わります。
会いたい理由を長々と説明するより、ストレートな文章で甘えるのがポイントです。


LINEなら甘え下手な人も上手に甘えられそうですね。

甘えるときは、彼が忙しい時間を避けてLINEするのがポイントです。
彼がお家でホッと一息ついている時間帯に可愛く甘えるLINEを送ってはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)