大好きな彼にアプローチをしているのにまったくなびかない……。
もしかしたらその行動は逆効果になってしまっているかもしれません。

今回は片思い女子がやっている残念行動を4つご紹介していきます。

(1)頻繁に連絡をする

『頻繁に連絡がくるのはちょっと鬱陶しい』(27歳/営業)

頻繁に連絡するのは、片思いである相手にはNGです。
彼から連絡がくればいいですが、必要以上に多く送る連絡によって相手をうんざりさせてしまうことがあります。

また男性はどちらかというと追う恋愛の方が好きです。
女性から必要以上にアプローチがあると、たとえ好きだったとしても冷めてしまうこともあるので要注意ですよ。

(2)他の女性と話していると嫉妬心を露わにする

『彼女でもないのに嫉妬して攻撃的になってる姿って、ちょっとどうなのかな……』(29歳/マーケティング)

ほかの女性と話をしていると嫉妬心を露わにするのはとても危険な行為です。
たとえ付き合っていても嫉妬心を強く抱いて、相手に攻撃的になるのは愛想をつかされてしまう行為になってしまいます。

好きな人にアプローチするときは、嫉妬心をあら露わにするのではなく、相手に嫉妬させるような行動をとっていけるといいでしょう。

(3)ハンドメイドのプレゼントをする

『手作りプレゼントは重いかも』(27歳/美容師)

ハンドメイドのプレゼントをするのは、片思いの段階ではやめておきましょう。
バレンタインデーのチョコレートでみんなに同じものを配っているのならまだOKです。

しかし彼の誕生日に手編みのマフラーなどは決してあげないようにしましょう。
付き合っていても、現在では「重い女子」に認定されてしまう恐れがあります。

(4)勝手に怒っている

『別に怒られる筋合いないよね?って思ってしまう』(26歳/販売)

SNSやLINEで返事をコンスタントにくれなかったり、デートに誘ってくれないからといって勝手に怒っている片思い女子の行動は完全に逆効果です。

男性はまだ彼女だと認定していないのに勝手に彼女面をしている痛い女という印象をもたれてしまいます。
彼と近づきたかったら、怒りでぶちまけないで、かわいく関わってみる方が圧倒的にスムーズに行くはずですよ。


片想い女子がやっている残念行動、あなたはやっていませんでしたか?
恋は盲目のため、つい自分の行動が大胆担ってしまいがちです。

なので一度冷静な思考を持って行動しましょう。

(恋愛jp編集部)

LINE友だち追加バナー