女性同士では話をするのがお互いの癒しになります。
しかし男性はその限りではありません。

今回は男性が嫌がる女性との会話内容を4つご紹介していきます。

(1)誰かの愚痴

『愚痴ばっかり聞いてるとウンザリする』(27歳/不動産)

誰かの愚痴を延々と話し続ける女性の会話内容には男性はうんざりしてしまいます。
とくに仕事の愚痴の場合は、男性は「じゃあ、その仕事辞めたら?」と言ってしまいたくなるようです。

女性は愚痴をいうことで心が軽くなるものですが、男性はその愚痴を聞き続けると、自分が責められているような気持ちになってしまうので注意ですよ。

(2)根拠のない噂話

『人のうわさ話ばかりしてるのってみっともない』(29歳/人事)

根拠のない噂話をずっとしているのは男性は気分が乗らないようです。
「隣の〇〇さんは、別の部署の新卒の子に手を出したって噂だよ~!」などと、人のプライベートの話を楽しそうにする女性には「暇な奴だ」と思うようです。

男性は噂話があまり好きではありませんので、女性同士でやるようにしましょう。

(3)結論のない話

『結論がない話を聞かされるのってよくわからない』(27歳/公務員)

結論のない話を男性が聞くと「なんでそんな話をするんだ」という気持ちになってしまいます。
男性はいつでも結論をしっかりともっていたい生き物です。

女性は話をすることで楽しい気持ちが味わえますが、男性はその最後の結論を大切にするので、このようなギャップが生まれてしまうのです。

(4)聞く気がないのにアドバイスを求める

『アドバイスを求めておいて聞く気がないって最悪じゃん』(26歳/証券)

聞く気がないのにアドバイスを求める女性に対して男性は非常にがっかりするようです。
男性が一生懸命考えたアドバイスに対して「あー……うん。」というような聞いているようで聞いていない反応らNGです。

男性はそんなんだったらアドバイスなんてしたくない!と思ってしまいますよ。


女性と男性は根本的に考え方の違いがありますが、基本的には女性は女性の話し方があります。
男性に共感を求めても男性は理解できないのはそのためです。

なので男性に女性とおなじ反応を求めずに相手を考えて会話をしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)