オシャレしたつもりが男性目線ではNGのファッションもあります。
せっかくのデートなのに、彼女のセンスにガッカリしてしまう男性もいるみたいですよ!

今回は、男性目線からのNGデートファッションを4つご紹介します。
次に挙げるようなファッションが好きな人は、女友達と会うときだけにしておいた方がいいかもしれません。

(1)ダメージデニム

『膝や下着ぎりぎりのところが見えてしまってるとなんかがっかり』(27歳/企画)

ダメージデニムをカッコよく着こなす女性もいますが、デートに着ていくと男性にガッカリされてしまうかも?
デートには清楚な服を好む男性が多いので、ダメージデニムはハードすぎて「何でその服?」と思われてしまいます。

デートには清潔感があるデニムの方がおすすめです。

(2)露出が多い

『はしたなさが全面にでちゃっててひくわ』(29歳/公務員)

肌を露出すれば男性が喜ぶと思っている人もいるでしょうが、実は逆です。
デートに露出が多い服を着ていくと、軽い女性と思われて次のお誘いがないかもしれません。

胸元の開きが大きすぎると、彼も目のやり場に困ってしまいます。
デートでは露出控えめのファッションにしておきましょう。

(3)全身黒一色

『重い……重すぎる……』(26歳/飲食)

全身黒もカッコいいのですが、デートには不向きです。
真っ黒では女性らしい華やかさや柔らかさが感じられません。

暗い印象を与えてしまいますので、デートでは避けた方がよいでしょう。

(4)太ヒール

『太さが目立つものだと、どうしても年齢層高めのひとが履くやつにみえちゃう』(31歳/IT)

デートで足が疲れるのは嫌だからと太ヒールを履いて行く人もいるでしょうが、実は男性ウケが悪いアイテムです。
ヒールの靴だといっても太ヒールは「オバサンっぽい」と思われて、男性には色気のない靴に見えるみたいですよ。

かといって細いヒールは足が疲れるので、こちらもデートに不向きです。
見た目がきれいで歩きやすい適度な太さのパンプスを見つけたいですね。


デートファッションは、カジュアルすぎてもセクシー過ぎてもNGです。
服のせいで「もうデートしたくない」と思われないように、男性から好感を持たれるファッションを選びましょう。

(恋愛jp編集部)

LINE友だち追加バナー