トレンド感たっぷりのアイテムといえば、最近はシャツワンピが人気ですよね。
シャツワンピは一枚でもきれいめカジュアルに着こなせる魅力アイテムですが、着こなしによってはダサくもなるため要注意。

そこで今回は、ダサく見えるシャツワンピの着こなしについて解説していきたいと思います!

(1)パンツをレイヤードしない

『シャツワンピをそのまま着るのはちょっと若作り感あるかも……』(27歳/広報)

シャツワンピと一口に言っても、その種類はさまざまです。
とくに裾の長さは、膝丈やミモレ丈、もしくは膝丈より短いものもあります。

短い丈のシャツワンピを着る際、パンツをレイヤードしないと、少し若作りな印象には見えがちなので注意しましょう。
足の露出が増え、「頑張ってワンピースを若作りファッションをしている感」が強くなります。

(2)しっかり襟を締めている

『ぴちっと襟を締めてるのはダサいかも』(29歳/飲食)

シャツワンピは、ナチュラルな雰囲気が可愛いファッション。

襟をしっかり締めている着こなしは、少しカチッと感が出てしまうため、ダサい印象は強まります。
抜襟を意識し、無造作に着こなすことでコーデとしておしゃれが出ます。

(3)膨張色で太って見える

『膨張色を選ぶと全体的に太って見えるからやめた方がいいよ』(27歳/マーケティング)

シャツワンピを選ぶ際には、色のチョイスもかなり大事なポイントになってきます。

たとえば白やベージュなどの膨張色は、全体的に太って見える場合があります。
おしゃれな着こなしでも太く見えては最悪なので、体型に自信のない人はネイビーなどを選ぶのがオススメです。

また膨張色を選ぶ際は、ウエストが締まるタイプのものを見つけるのがいいですね。

(4)柄物の扱いに注意

『柄物ってものによってはすごく若作り感あるから注意して選んだほうがいいかもね』(28歳/商社)

シャツワンピは無地のものから柄のものまで、種類は豊富にあります。
大人女子は、この柄物の扱いには要注意。

たとえばギンガムチェックや花柄など、若干子どもっぽく見える柄物はたとえシャツワンピでもおしゃれな印象が薄まります。

若作りなイメージも強くなりますし、大人女子は落ち着いた印象を持たせるためにも無地を選べるのが一番ですね。


一枚でも可愛く着こなせるシャツワンピ。
着こなしには注意しつつ、トレンド感たっぷりのおしゃれを楽しみたいですね!

(恋愛jp編集部)