気になる彼にLINEをしようと文面を打っていたらまさかの彼からLINE。
即既読つけちゃって恥ずかしいですよね。

そんな時、うまくごまかしたくなります。

(1)あえて返信するまで時間をあける

『即既読がつくとアレ?って思うけど、返信がめっちゃ早かったりしないなら別に気にならない』(28歳/飲食)

彼からLINEが来たらすぐにでも返信したくなりますよね。
でも即既読つけちゃったことが恥ずかしいなら一旦冷静になって時間をあけましょう。

すぐに返信してしまうと彼にも焦らせてしまいます。
返信を催促されているととられかねませんからね。

即返信してしまうとまるで彼からの連絡を待っていたかのようでもあります。
なので時間をあけて、たまたま既読をつけてしまった感をしっかり演出しましょう。

(2)「ごめん!休憩終わるから仕事終わったら連絡する!」と焦りを前面に

『なんか焦ってる感じが伝わってきて可愛い』(26歳/コンサル)

もう休憩が終わりかけだから誰かとバタバタとLINEしていたのかな?
そう思ってもらえるように焦りを文面に滲ませましょう。

「ごめん!休憩終わるから仕事終わったら連絡する!」と送ります。
もしくは「休憩終わる。仕事終わったら連絡する!」という文面と「ごめんスタンプ」を送ります。

「休憩終わる!股連絡すr!」ってわざと間違って送信するのも急いで文面を打ったことが伝わりますよね。

(3)「私も要件があってLINEを開いたところだった!」と正直に

『素直に言ってくれれば別に変な印象持たないよ』(27歳/営業)

あなたも彼とLINEをするために彼とのやり取り画面を開いたんですよね。

正直に話して要件を話しましょう。
そうすると彼の中で色々考えている疑問は解消されます。

どうしてもLINEに即既読をつけちゃうと逆の立場でも相手の好意を疑いたくなるもの。
だから正直に話すことで好きバレすることを防げます。

(4)わざと送り間違える

『違う人に送るつもりで間違えたのかな?って思うし、とくに怪しむこともないですね』(28歳/飲食)

仲のいい女友達とずっとやりとりをしていた感じを出す。
そのためにわざと送り間違えるのです。

彼が送ってくれた文面とまったく関係のない文面を送ります。
それも彼の文面を読む余裕がないぐらいLINEが来てすぐ送ると間違った感じを出せます。

「いいね!あそこのお店私も行ってみたい!」
そんなふうに彼からもらった文面とまったく関係のない文面を送ると友達から誘いを受けていたのかな?と感じてもらえます。

しかももしかして他の男性と行くのかな?と焦らせることもできるので効果的です。


即既読をつけてしまったら、これらの方法でうまくごまかしましょう。
もしかして送るはずだった相手は男性?デートするの?

なんて悶々とさせちゃうこともできちゃいますよ。あなたへの気持ちに気づいちゃったりして。

(恋愛jp編集部)