「バックハグ」とは、その名の通り後ろから抱きしめること。
女性にとっては、キュンとするハグの一つではないでしょうか?

実は、男性にとっても好きなハグの一つ。
そこで今回は、男が一度はしたいと感じる「バックハグ」を紹介していきます。

(1)料理をしている時

『料理をしている時って、つい構いたくなるんだよね』(27歳/営業)

自分のために料理をしてくれている彼女の姿は、可愛らしいもの。
そんな無防備な後ろ姿を見ると、思わず「バックハグ」したくなるみたい。

イチャイチャしながら料理をするのって、楽しい時間ですよね。
ラブラブカップルの典型みたいな「バックハグ」に、憧れを持っている男性は多いみたい。

(2)一緒に部屋でまったりしている時

『2人でいる時に自然と「バックハグ」できる関係って、憧れる』(25歳/SE)

2人で一緒にいる時間は、イチャイチャタイムですよね。
部屋でまったりとテレビや映画を観ている時など、「バックハグ」をして過ごしたいみたい。

隣に座るよりも距離が近くなる「バックハグ」なら、彼女を独占している気持ちになれるもの。
彼が「バックハグ」してきた時は、しっかり彼に甘えてみて。

(3)エッチしたい時

『どうしても胸に手がいっちゃう』(29歳/金融)

「バックハグ」をすると、胸を触ることもできますよね。
イチャイチャしながら胸を触り、そのままエッチに持ち込みたいという下心アリ。

カップルなら自然な流れで、エッチに移行できるので便利なハグです。
「もぉ!」なんて言われながら、イチャイチャすることが男性の理想です。

(4)弱音を吐きたい時

『彼女に甘えたい時にしたくなるかな』(31歳/人事)

男性は、彼女に甘えたい時に「バックハグ」をしたくなるよう。
後ろから抱きしめているので、お互い顔が見えない状態ですよね。

だからこそ弱音を吐いたり、悩みを相談したりと少しディープな話をしやすいみたい。
弱いところを見せたくない男性は多いので、そういう時は静かに話を聞いてあげましょう。


男性が「バックハグ」をするのは、それだけ愛している証拠。
2人でイチャイチャしたい時には、最適なハグですよね。

2人の距離をもっと深くする「バックハグ」、彼もしたいと思っているかも!

(恋愛jp編集部)