女性に優しくされると、これまで意識していなくても、気になる女性へと変化することがあります。
「優しさ」は恋愛に発展するキッカケになるもの。

そこで今回は、男が「女性の優しさ」に惚れた瞬間を紹介していきます。

(1)しんどいことを察してくれた時

『体調が悪い時に声を掛けてくれると、自分を見てくれてる人がいるって嬉しくなる』(29歳/商社)

体調が悪い時や、落ち込んでいる時って、男性は弱さを見せたくないので隠していることが多いです。
しかし、自分が隠していることを察してくれ声を掛けられると、優しさにドキッとするみたい。

察してくれると、自分のことを分かってくれていると思うもの。
好きな彼の様子がいつもと違う感じがするなら、声を掛けてみて。

(2)落ち込んでいるのを支えてくれた時

『仕事で落ち込んでいる時に、側にいてくれた女性を好きになりました』(30歳/企画)

落ち込んでいる時って、人の優しさが身にしみますよね。
そんな時に、優しく支えてくれると癒される男性は多いみたい。

ゆっくり話を聞いてあげる、職場なら手を差し伸べるなど、助けてくれると優しさを感じます。
弱っている時に親身になって支えてくれた女性は、その後も大事にしたいと思いますよ。

(3)自分の都合に合わせてくれた時

『女友達との約束を仕事でドタキャンした時、「合わせられるほうが合わせればいいから気にしなくていいよ」と言ってくれた時』(28歳/広報)

例えば、会う予定をしていてもお互いのタイミングが合わない時ってありますよね。
仕事が忙しい時は、ドタキャンすることがあるかも。

そんな時に、男性の都合に合わせてくれる女性に、優しさを感じるみたい。
それは仕事を理解してくれると感じるから。

彼から好かれたいために合わせるのではなく、都合を理解して合わせることが大事。

(4)味方になってくれた時

『自分を信頼して味方になってくれた時かな』(26歳/金融)

自分の味方になってくれる人には、優しさを感じますよね。
信頼関係も生まれるので、特別な存在になることも……。

意見を受け入れてくれる、考え方が違ったとしても認めてくれる器の大きさが必要。
相手を思いやる心があるからこそ、味方でいられます。


自分を好きになって欲しいからする優しさは、見抜かれるもの。

計算高い女性として、信頼を失うことにもなります。
相手のことを思っての優しさが、惚れる瞬間ですよ。

(恋愛jp編集部)