あなたのファッションセンスは大丈夫ですか?
あまりにもダサい格好をしていると、あなたの彼は「隣を歩きたくないな……」と考えているかもしれません。

今回は、男性が隣を歩きたくない「地味ダサコーデ」についてご紹介します。

(1)メリハリがない

『全身ダボダボのメリハリのないコーディネートは太って見えるし可愛くない』(27歳/サービス)

体のシルエットが見えてしまうのが恥ずかしいからといって、ダボダボのコーデをしていませんか?
メリハリのないコーデは、かえって太く見えてしまうことがあるため、注意が必要です。

トップスをコンパクトにまとめたときはボトムスにボリュームのあるものを合わせるなど、バランスを意識したコーデを心がけましょう。

(2)アイテムのチョイスが時代遅れ

『今更それ?みたいなアイテムを身に付けてるのはダサい』(28歳/広告)

今時レギンスを履いていたり、チャンピオンベルトのような太ベルトを巻いたりしていませんか?
時代遅れなアイテムは、男性から幻滅されてしまいます。

流行を追いすぎる必要はありませんが、雑誌をチェックするなど、流行りのファッションについては多少知っておくようにしましょう。

(3)全体的に色が暗い

『全体が暗すぎると華やかさがなくて残念な感じ』(27歳/証券)

黒のトップスにダークブラウンのボトムを合わせるなど、全体的に色が暗すぎるコーデも、男性ウケは期待できません。
シックな印象に仕上げたいのであれば、素材感にこだわったり、アクセサリーをつけるなど華やかさをプラスしてみましょう。

また夏は爽やかな色合い、秋はこっくりとした濃いめのカラーなど、季節を意識したカラーコーデを組むのも好印象ですよ。

(4)全身柄物

『全身柄物はかなりダサい!上手に着こなしてる人はすごくオシャレだと思うけどね』(29歳/企画)

単体ではとてもおしゃれに見える柄物アイテムであっても、柄物と柄物を組み合わせてしまうと一気にダサくなってしまいます。
柄物を着用するときは、柄物アイテムをコーデの主役と考えて他のアイテムをシンプルにまとめましょう。

柄物を上手に着こなすことができれば、おしゃれ感が一気にアップしますよ。

今回は、男性が隣を歩きたくない「地味ダサコーデ」についてご紹介しました。
あなたは男性にドン引きされるダサコーデをしていませんか?

自分のファッションセンスを磨いて、誰もが振り返る素敵な女性を目指しましょう。

(恋愛jp編集部)