デートの際は、秋らしさを意識した可愛らしいファッションをすることも大切です。
今回は、彼ががっかりする秋要素ゼロのNGコーデについてご紹介します。

(1)全身ブラック

『全身真っ黒は重苦しくて嫌』(27歳/金融)

全身ブラックのコーデをしているととても重苦しく見えてしまいます。
オールブラックのコーデをするときは、軽やかさのある素材のものを選んだり、腕を露出して抜け感を意識してみましょう。

抜け感があると、重苦しいイメージが軽減されますよ。
また華やかなアクセサリーをプラスしてゴージャスに見せるのもオススメです。

(2)長袖長ズボン

『長袖長ズボンはちょっと……。多少は露出があった方が爽やかでいいと思う』(29歳/企画)

秋のデートには、多少であっても露出をするべきでしょう。
谷間を出したりなどあからさまな露出は必要ありませんが、ノンスリーブ&カーデで腕を出したりなど、さりげない露出はとても好印象です。

秋に長袖長ズボンを着ていると、重苦しいうえにダサい印象に見えてしまうため注意してくださいね。

(3)日焼け防止のアームカバー

『日焼け防止のためにしてるアームカバーはダサい。デートにはやめて』(27歳/IT)

秋でもまだまだ暑い日があります。
ファッション自体はおしゃれにも関わらず、日焼け防止のアームカバーをしていると、せっかくのコーデが台無しになってしまいます。

日焼けしたくない気持ちはわかりますが、デートではアームカバーの着用はやめましょう。
アームカバーの代わりに日焼け止めを入念に塗ったり、日傘を使用することで、日焼け対策をしてみてくださいね。

(4)ラフすぎる

『ラフすぎて女の子っぽさがないコーデはガッカリ』(28歳/建築)

デートは、ラフすぎて女性らしさがなくなってしまうと、彼はがっかりしてしまいますよ。
Tシャツに短パンだけなど、おしゃれ感のないコーデは避けるようにしてください。

シンプルにまとめるのであればデザイン性の高いものを選んだり、アクセサリーをプラスしたりなど、おしゃれに見せる工夫を忘れないでくださいね。

今回は、彼ががっかりする秋要素ゼロのNGコーデについてご紹介しました。
デートでは可愛らしいコーデをするようにしてくださいね。

可愛らしいファッションでデートに行けば、彼はとても喜んでくれるでしょう。

(恋愛jp編集部)