なかなか好きな男性とLINEが長続きせず、どうやったら会話が盛り上がるの?と悩んでいませんか?
とくに今まであまり話したことがない男性が相手だと、より緊張して何を話せばいいのかわかりませんよね。

そこで今回は、好きな人とのLINEを長く続けるために、続くLINEと続かないLINEの違いをご紹介していきます!

(1)時間帯のタイミングはいいか

『忙しい時間にLINEを送られてもなかなか返信できない』(27歳/企画)

まず続くLINEと続かないLINEの決定的な違いは、時間帯のタイミングによります。
たとえば極端な話、片方が深夜にメッセージを送っても、やり取りを長続きさせることは難しいですよね。

長く続くLINEができる人は、実はしっかりとお互いに手の空いている時間帯を狙ってLINEができているもの。
やっぱり社会人なら、仕事終わりから就寝までの時間帯が一番ですね。

(2)そっけない返信をしていないか

『返信がそっけないとLINEを続けたいって気持ちがなくなる』(29歳/飲食)

相槌のみ、オウム返しするだけ、スタンプのみ、そんな返信ばかりではやり取りも続きません。
長く続くLINEは、そんなそっけない返事が基本的にないんです。

なるべく質問形で会話をし、自然と会話が続くように盛り上げていきます。

(3)共通点の話題で盛り上がれているか

『共通点のある話題があると盛り上がるよね』(27歳/SE)

やり取りが長く続くということは、話がそれなりに盛り上がっている必要があります。
その際、片方しか知らない話題ばかりでは、盛り上がりづらいのは明らかですよね。

共通点の話題で盛り上がれているかどうか、このポイントに続くLINEと続かないLINEの違いがあります。

(4)相手に対する好意的な返信があるか

『褒められたりするとやっぱり嬉しい』(29歳/建築)

そもそも相手に対して好意的な返信をしているかどうかという点も大事なポイントです。
「すごいね!」「かっこいい!」といった好意的な褒め言葉などがあれば、やり取りは長続きしやすくなります。

誰だってそんな好意的なメッセージをもらえば、自然と返信はしたくなるからです。


なぜか私のLINEはいつも途中で切れてばかり……という人は、まず続くLINEと続かないLINEにはどんな違いがあるのか知りましょう。
気づいてみれば、長続きしないやり取りばかりを繰り返している可能性があります。

LINEで会話が続けば気になる人とも親密度はどんどん上がっていくので、ぜひ以上のポイントにはしっかり気をつけてくださいね!

(恋愛jp編集部)