今回は、男性の気持ちが興醒めしてしまう瞬間を大暴露!
彼らは一体どのような女性の姿を目の当たりにすると、ガッカリしてしまうのでしょうか。

知られざる男性心理に迫って、彼らの本音を暴いていきましょう。

(1)私物を勝手にチェックされたとき

『無断で携帯チェックされたらもう信用できない』(28歳/金融)

いくら仲の知れた関係だからといって、プライベートにズカズカと入り込むのはNG。
無断でスマホや財布に入っているレシートなどをチェックされれば、不信感を抱くのは当然です。

彼の私物であることを前提に行動を起こして、どうしても気になる場合は必ず事前に許可を取ることからはじめましょう。

(2)ヒステリックな一面を見たとき

『ヒステリックに怒ってる彼女を見て一気に冷めた』(26歳/営業)

ヒステリックな一面を見て恋の熱が冷めたという事例も、多く挙がっています。
一緒にいて安心できない様は、それほど男性に苦痛を与えてしまう模様。

自分なりのストレス解消法を見出すと、感情をコントロールできる突破口が見つかるかもしれませんよ!

(3)過度な束縛をされたとき

『束縛が激しすぎて自由がないと付き合っていくのがしんどくなる』(27歳/コンサル)

男性は、束縛されることを嫌います。
たしかに軽度な束縛であれば可愛いで済まされますが、「自由がない」と感じれば彼の気が休まることはありません。

彼の行動や考えに理解を示してあげるのも、1つの愛情表現なので意識してみましょう。

(4)趣味や仕事への理解を示してくれないとき

『仕事が忙しいのを理解してくれないのはガッカリする』(28歳/商社)

仕事や趣味で忙しい彼に文句をいうのは絶対にNGです。
とくに「仕事と私どっちが大事なの?」「趣味にばかり時間を使って」なんて言葉は、彼をガッカリさせる原因に!

構ってほしいという気持ちはわかりますが、彼のプライベートにも目を向けないと窮屈な関係が続いてしまいますよ。


男性が一気に冷める瞬間は、ついやってしまいがちなことが多いはずです。
そのため一線を越えてしまう可能性は誰にでもあるのかもしれません。

しかしそこをグッと堪えて彼の気持ちに寄り添ってあげることが大切。
彼との接し方を今一度見直して、2人の気持ちにズレが生じないよう注意しましょう。

(恋愛jp編集部)