男性の心を掴むのが上手な女性って、甘えるのが上手。
なかなか甘えられない女性も多いですが、その場合はどうしたらいいのでしょうか。
そこで今回は、男が悶絶する「モテ女子の甘え方」についてご紹介します。

(1)そっとひっついてくる

『ベタベタは嫌だけど、そっと近寄ってくると可愛いと思う』(28歳/証券)

男性によっては、いつでもベタベタされるのが苦手という人もいます。
それでも甘えたい時は、そっと彼の近くに行ってひっついてみましょう。
何も言わなくても、男性はわかってくれるはずです。

(2)食べ物をおねだりする

『おねだりってやっぱり可愛い。特に物じゃなくて食べ物』(33歳/商社)

女性なら、ブランド物などをおねだりしたい人も多いでしょう。
しかし、男性に甘えるなら、「これ食べたいな♡」と食べ物のおねだりをすること。
男性からしても、わがまま感がなく、可愛いと思ってもらえます。

(3)ちょっとしたお願いをする

『ブレスレットとかネックレスつけてって言われるとキュンってする』(35歳/SE)

自分でできそうだけど、ちょっと甘えちゃおう♪っていうのもアリ。
とっても簡単だけど、ネックレスの留め金をつけるのをお願いしてみると◎
アクセサリーは、女性らしさも感じられ、男性もドキドキです。

(4)甘えたいという

『いつもは言わないけど、「今日は甘えたい」って言われるとドキってする』(29歳/金融)

いつもは強気で、何でもできる女性が甘えると、そのギャップがあって萌え。
甘えたい時は、正直に「甘えたい」と伝えてみましょう。
いつもは言わない彼女から言われると、男性もドキドキです。


モテる甘え方って、男性からしてウザくない甘えです。
そして、男性でもできそうな小さなおねだりだったりするので、モテるもの。
たまには、男性に可愛く甘えてみるといいでしょう。

(恋愛jp編集部)