彼氏のことが好きすぎて、重い女になってしまう人もいるでしょう。

しかし彼女が重くなればなるほど彼の気持ちは冷めてしまいます。
重い女にはならないように注意しておきたいですね。

今回は、彼氏が彼女に重たさを感じる瞬間4選をご紹介します。

(1)LINEの数が多すぎる

『毎日何通も何通もLINEが送られてくるとしんどいです』(27歳/広告)

朝から夜まで1日に何通もLINEがくると、さすがに男性は重いと感じてしまいます。
そのLINEが長文であるとなおさら。

なかなか返信できないときは何通も連投されていたりして、引いてしまうこともあります。

好きな男性にはLINEしたくなるでしょうが、彼はたくさんLINEがくることを喜んでいるのでしょうか?
1回送ったら、返信がくるまで待ってみましょう。

(2)家の前で待ってる

『突然家の前で待たれてたら怖い』(26歳/不動産)

約束していないのに彼女が家の前で待っていたら、男性は重たく感じてしまいます。

ひょっとしたら彼は友達を家に呼ぶ予定にしていたかもしれません。
彼の予定も聞かずにいきなり家に来るのは、マナー違反と感じる人も多いでしょう。

約束していないし頼みもしていないのに、「ご飯作りにきたよ」なんて言われたら重すぎます。

(3)すぐに浮気を疑う

『すぐに浮気を疑われるのは重いししんどい』(25歳/建築)

飲み会に参加すれば浮気を疑われ、電話に出なくても「浮気してたんじゃない?」と言われるなど、彼女がすぐに浮気を疑うタイプだと、男性は重く感じてしまいます。

仕事で遅くなっただけなのに「浮気してた?」と聞かれたら、いいかげんにしてほしいと思ってしまうでしょう。
浮気を疑いすぎて重い女になってしまうと、彼の気持ちが冷めてしまうかもしれません。

(4)高価なプレゼントをくれる

『高すぎるプレゼントは重い!』(29歳/広告)

プレゼントは高価なものが嬉しいというわけではありません。
女性から高価なプレゼントをもらうと、男性は喜ぶより「重い」と感じてしまいます。

高価なプレゼントがアクセサリーだった場合、デートのたびにつけていないと「プレゼントしたネックレスつけないの?」と聞かれるのも重いです。


彼氏とべったりした関係になりたい人は、重い女になりがちです。
男性がべったりした仲を望んでいなければ、重すぎる彼女への愛情が冷めてしまうかもしれません。

彼以外のことにも目を向け、友達と会ったり趣味を楽しんだりして、適度な距離感を持ってはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)