女性は誰だって、若くみられると嬉しいはずです。

なのでいくつになっても綺麗でいるために、毎日努力していることでしょう。
しかし一歩間違えれば、ちょっとズレた若作りになってしまうかも……。

ここでは「男が呆れる女性の年齢詐称ファッション」についてみていきます。

(1)ミニスカート

『大人女性はミニスカートよりもっと落ち着いた丈のスカートを履いてほしい』(28歳/営業)

やっぱり年を重ねるごとに、足をさらけだすのは抵抗しちゃいますよね?
「昔は、平気で生足をだしていたんだけどな……」という女性も多いはず。

しかし「だったら思いきってミニスカート履いちゃおう!」となるのは避けたいところ。
きっと男性が喜ぶミニスカートコーデにはならないことでしょう。

(2)リボン

『大きいリボンのついたコーデはさすがに痛い……』(27歳/IT)

リボンは、かわいらしさ抜群。
女性らしさをアピールできるデザインですよね。

しかしここでも要注意。
リボンは幼いイメージがあるので、若作りにはもってこいかもしれないですが、それが男性ウケしません。

さりげないリボンならOKですが、こてこてのデザインであれば控えたほうがいいでしょう。

(3)網タイツ

『大人女性の網タイツはちょっと勘弁』(29歳/企画)

網タイツは、若い頃なら個性的で目立つはず。
なので着こなせていると、かっこいいですよね。

しかしそれは若い頃まで。
網タイツのように、個性的なコーデは、男性から呆れられる恐れも……。

もっと大人な女性のアイテムで、個性をだせるように心がけるといいでしょう。

(4)フリル

『フリルだらけのコーディネートは痛いです』(28歳/公務員)

首もとや袖口に、フリルがあると、さりげなく女性らしさをだせますよね。
どんだけクールなコーデであっても、ほんの少しだけフリルがあると、印象が大きく変わってきます。

しかしそんなフリルを、ふんだんに使ったコーデはNG。
年齢と合わなすぎて、男性からドン引きされちゃうかもしれません。


いかがでしたか?
若くみえればみえる程、喜ばしいことってないですよね。

しかし度がすぎると最悪なパターンになってしまう恐れがあることを覚えておきましょう。

(恋愛jp編集部)