LINEは簡単に連絡できるため、今やなくてはならないものです。
簡単に連絡ができる反面、別れのサインが見えやすくなることもあります。

そこで今回は、LINEから見ることができる「別れたいサイン」について見ていきましょう。

(1)既読スルーが多くなった

『別れたいって思ってるとLINEの返信が面倒になる』(27歳/IT)

別れたいサインのひとつに「既読スルー」があります。
既読スルーが表れると、高確率で別れが待っています。

既読しているのに、連絡をしない状況っておかしくないですか?
付き合って時から既読スルーしている人なら、別れたいサインではない可能性もありますが、頻繁に連絡をして既読スルーしたことない人がするのはよほどのことです。

既読スルーされたら、怒ったり、既読スルー返しをするのではなく、話し合う機会を設けることが適切です。

(2)「うん」「わかった」などの単語しか返ってこない

『冷めてくるとつい返信が素っ気なくなっちゃう』(26歳/営業)

このような返答しか返ってこないと、不安に思う女性は多いですよね。
これも別れたいサインのひとつとして挙げられます。

「わかった」「うん」などの単語だけで返答されると、「興味ないのかな」「冷たい」「そっけない」と思ってしまいますよね。

ですがすべてが別れたいサインとは限りません。
中には返すのが面倒になったり、返すことが苦手でつい単語だけの返答をしまうこともあります。

送られてきても焦らず、様子を見ながらが一番です。
間違ってしまうと、本当に別れてしまう可能性があります。

慎重に動きましょう。

(3)予定を合わせてくれなくなった

『わざわざ予定を合わせて会いたいと思えなくなった』(26歳/美容師)

会う約束をしても、なかなか会ってくれなかったり、予定を合わせようとしてくれなくなったり、とにかく2人の時間を作ろうとしないことが多くなった……

このような場合、別れたいサインもありますが、忙しくて合わせてくれない可能性も否定できません。
不安になりますが、相手が会おうと言ってくるまでは静かに待つことも時には必要です。

(4)既読がつかない

『好きじゃなくなるとLINEがきてもどうでもよくなる』(27歳/広告)

あなたが送った内容に既読マークが付かないのは、かなり危険な状態です。
届いたことは知っているのに読もうともせず、未読のままの状態で放置されているのは、普通の状態ではありえないことです。

LINEでの連絡は難しいため、電話をして早急に話し合いましょう。


LINEは便利な分、サインを見つけやすいため傷つくこともあります。

ですがサインを見つけやすいということは、修復することも可能ということになりますので、少しでも異変を感じたら、じっくり2人で話し合う機会を作ってみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)