彼が忙しくてなかなかデートできない人もいるでしょう。
でも「会いたい」「さびしい」って言いすぎると重い女になってしまうので、我慢してしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、重くならないように可愛く「さびしい」って伝える方法をご紹介します。

(1)「声が聞きたいな」とLINEする

さびしくなったら、彼に「声が聞きたいな」とLINEしてみましょう。
喜んで電話してくれるかもしれませんよ。

自分からいきなり電話してもいいですが、忙しい彼なら先にLINEで「声が聞きたい」と伝える方がベター。
声を聞けば彼も「会いたい」という気持ちが高まるかもしれませんね。

(2)「さびしい」より「会いたいな」

男性は「さびしい」といっても、察してくれない人もいます。
だからちょっと鈍感な彼には「会いたいな」とストレートに伝えましょう。

「さびしい」より「会いたい」の方が重くなりすぎないのでおすすめですよ。

(3)LINEのスタンプで伝える

「さびしい」という気持ちを伝えるとき、文字にすると重くなってしまいますが、スタンプなら重さが和らぎます。

さびしい気持ちを伝えられるスタンプを使ってみてはいかがでしょうか?
あなたの気持ちをかわいく伝えられますよ。

(4)「さびしい」って言わない方がいいタイミング

「さびしい」と伝えたら、「そんなに会いたいの?」と喜んでもらえることも多いですが、タイミングが悪ければ「ウザい」と思われかねません。
「さびしい」とLINEするなら、タイミングを考えましょう。

たとえば彼の仕事が忙しい時期や、彼に大きな悩みがあるときなどは、彼も余裕がありません。

このようなときはさびしい気持ちをグッと我慢しておいた方がよいでしょう。
彼に余裕ができてからさびしい気持ちを伝えましょうね。


さびしい気持ちは我慢しすぎず、かわいく伝えてみましょう。
上手に伝えたら、案外喜んでもらえて簡単に「会おう」ということになるかもしれません。

ただし、タイミングを見計らってからにしましょうね。

(恋愛jp編集部)