彼とのデートが終わったからといってホッと一息ついている暇はありません。
遠足と違って、家に帰ってもまだデートは終わりません。

彼にデートありがとうLINEを送って、それでやっと一息です。
送るべきタイミングと内容についてご紹介しちゃいます!

(1)必ず当日中に送るべし

『帰り道とかで興奮冷めやらぬうちに欲しいね』(26歳/歯科医)

日をまたいでLINEするのは、失礼にあたるかも。
ありがとうLINEはなるべく当日中に送りましょう。

送りたい内容が長かったり、家までの帰路に時間がかかる時は仕方がありません。
でも、なるべくならバイバイしてすぐLINEの画面を開くくらいの意気込みでいて。

鉄は熱いうちに打つように、気分が高まっているならその時にLINEのやりとりをした方が色々と都合がいいはず。

(2)「ありがとう」は必須事項

『初めの一言は「今日はありがとう」って言ってもらえると、成功だなって』(31歳/建築)

内容はまずは感謝の気持ちを伝えることから始めましょう。
自分のために時間を作ってくれたこと、自分のためにしてくれたことに心から感謝しましょう。

そしてそれをストレートに伝えましょう。
ありがとうと言われて嫌な気持ちになる人なんていません。

精一杯の感謝の気持ちを伝えちゃってください。

(3)楽しかった!嬉しかった!

『また2人でいきたいなってすごく思う!』(30歳/公務員)

たとえデートが全然盛り上がらなかったとしても、「楽しかった」という言葉も伝えましょう。
具体的にどんな場面で、どんなシーンで楽しくて嬉しかったのかを話せるとなおGoodです。

文面から場面を想像させることで、離れている彼とも「良い気持ち」を共有できます。

(4)必ず次に繋げて!

『デート後にもLINEが続くことは、次のデートも楽しめそう』(26歳/輸入)

ありがとうLINEの最終目標は次の約束を取り付けることです。
デート中に話したことから引っ張ってきても良いですし、彼の行きたそうなところを提案してもいいかも。

ストレートに「またデートしたいです!」と言っちゃうのもありです!
少なくともデートをしてくれたということは、あなたのことが気になっている状態です。

自信を持って、勇気を出して彼に伝えてみましょう!


恥ずかしがらずに次のステップを目指して頑張ってください!
あなたのその強い気持ちがあれば、彼もまっすぐに応えてくれるはずです♡

(恋愛jp編集部)