男性にモテない女性は、好きな人にアプローチする際にもぶりっ子しすぎてしまうといいます。
多くの男性にとってちょうど良いのは、ちょっとあざといくらいのあざと可愛い女性。

ぶりっ子をこじらせすぎて、ただあざといだけにならないよう、気をつけたいところですね。
今回は、男性にモテない残念女子の特徴について解説していきたいと思います!

(1)アプローチが露骨すぎる

『こっちとの温度差とか気づいてくれないかな』(32歳/公務員)

まるで自分に自信がある!と言わんばかりに、アプローチを露骨にしてくる女性は、男性からも引かれがちです。
馴れ馴れしくすぐにボディタッチしてきたり、思わせぶりな発言をしてきたり……

距離が近すぎると、ただ馴れ馴れしくてうっとうしいだけですよね。
アプローチが露骨すぎてただのぶりっ子的な振る舞いになり、失敗している女性は意外と多いものです。

(2)LINEでリア充っぷりをアピールしてくる

『SNSでアップしてるのを見たくて見るのと、個人的に送られてきて強制的に見させられるのとは違うからね』(27歳/企画)

好きな男性とLINEするときは、舞い上がる心理から暴走しすぎないように気をつけましょう。
まるでLINEを自分のSNSかのように勘違いして、写真を送りまくったり、日記のようにつぶやいてみたり……

そんなリア充アピールは、はっきり言って男性にとってはただウザいだけです。

(3)自然体すぎて品がない

『ちょっとガサツなイメージついちゃうんですよね』(28歳/営業)

モテない女性は、ある意味自然体すぎるところがあります。
すっぴんを平気でさらしたり、下ネタを恥ずかしがることなく話したり……

自然体でいることは素敵なことですが、やっぱり女性らしさや品は大事にしたいですよね。
ありのままの自分を大事にするあまり、結局品がなくなってしまっている女性は意外とたくさんいます。

(4)男性のプライベートに過干渉

『だんだんめんどくさくなって連絡もとりたくなくなる』(33歳/SE)

「重い女」も、男性からは嫌われがちな非モテ女の一人です。
男性のプライベートに首をガンガン突っ込み、何から何まで把握しようとする……そんな過干渉ぶりに男性は辟易。

その「重さ」に、「付き合ったらめんどくさそう……」と思う男性は多いでしょう。


残念女子をこじらせていると、正直「モテない期」はずっと続く一方です。
モテない女性のまま若い時期を終えないよう、これ私のことかも……と思えた人は、ぜひその残念な部分を改善していきましょう!

(恋愛jp編集部)