普段は自分の好きなファッションを楽しんでいるけど、男性の好みを意識したいというときもありますよね。
そんなときに失敗したくないという方におすすめ。

今回は、やりがちな勘違いファッション4選をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

(1)露出の多い服

男性は肌の露出に弱い?
半分正解、半分間違いです。

というのも、大半の男性はチラリズムが好み。
あまり大胆に露出をしていると、品がないという印象を持たれてしまいます。

また。襟ぐりが広く開いていて、キャミソールの紐が見えているのもNG。
インナーや下着は見えないように細心の注意を払いましょう。

(2)大きな花柄

花柄と言えば女性らしいアイテムの1つですが、大きさがポイントです。
小花柄はOKだけど、大きな花柄は派手すぎるという男性の意見もあります。

花柄は存在感のあるアイテムなので、コーデ全体のバランスを意識してチョイスしてみてください。

(3)リボンがついた服

乙女心をくすぐるリボンも、男性からするとイタいと思ってしまうアイテムの1つ。
大人の女性として落ち着いた印象を与えたいときには、避けるのがおすすめ。

ガーリーが好きという方は、さりげないところにワンポイントや小物で取り入れてみてはいかがでしょうか。

(4)ビビットカラー

はっきりとした色使いのアイテムを身に付けていると、強そうなイメージを抱く男性も多いです。
自立した女性だということをアピールしたい場合には有効なアイテムともいえます。

反対に、淡い色を身に付けていると柔らかく優しい印象になるので、自身の好みに合わせて使い分けてみてください。


今回は、やりがちな勘違いファッション4選!を紹介しました。
実践したいものはありましたか?

コーデを考える際や、お買い物の際に参考になればうれしいです。

(恋愛jp編集部)