社会人として身なりはとても重要ですよね。
おしゃれを意識していても、社会的にふさわしいファッションでなければ、印象は台無し。

今回は、NGオフィスファッションをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

(1)カジュアルすぎる

スウェット生地やデニム、ダメージ加工が施されているアイテムはカジュアルすぎるので、オフィスコーデには取り入れないのがおすすめです。

また、一見OKのようなマキシ丈スカートも実はカジュアルの分類。
ミディアム丈をチョイスしましょう。

(2)露出が多い

きちんと感が重要なオフィスコーデに、露出のしすぎは禁物。
ノースリーブや、胸元が大きく開いたトップスは避けましょう。

また、肌は見えていなくても体のラインが強調されるタイトなスカートなどもNGです。
仕事帰りにおしゃれをして出かけたいというときは、勤務中はノースリーブの上にカーディガンを羽織るなどの工夫をしてみてください。

(3)派手

色物を身に付けてテンションを上げたいという方は、なるべく色の淡いものをチョイスしましょう。
多数のカラーを身に付けると華やか過ぎるので、同系色でまとめるか、アイテム数を減らすのがポイントです。

またトレンドでもあるアニマル柄はカジュアルさが出てしまうので、避けるのがおすすめ。

(4)生脚

スカートなど足元を露出するファッションをする際は、ストッキングを穿きましょう。
一般的なオフィスでは基本的に生脚NGです。

スニーカーや高すぎるハイヒールもカジュアルな部類に分けられるので、要注意。


今回は、NGオフィスファッションを紹介しました。
気になるものはありましたか?

コーデを考える際や、お買い物の際に参考になればうれしいです。
オフィスではさまざまなルールがありますが、その範囲内でおしゃれを楽しみましょうね。

(恋愛jp編集部)