大人の女性たるもの、年齢に合ったファッションを楽しみたいものです。
何気なく着ている服、もしかしたら若作りと思われているかも!

今回は、「いつまで女子大生のつもり?」男子が引いてしまうNGコーデをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

(1)ロゴが多めのコーデ

『ロゴすらないシンプルな物の方が、いい物着てそうに見えるよ』(31歳/製造)

ブランドものを持つことがステータスだった時期もありましたよね。
ロゴがあるアイテムだと、ブランドを主張してくれるうえコーデのアクセントにもなります。

しかしそれは10代や20代前半のファッション。
大人の女性には、ブランドを主張しすぎないコーデがおすすめです。

(2)ガーリーすぎるコーデ

『あまりにぶりぶりなのはちょっと幼い印象かな』(33歳/コンサル)

フリルやリボンなどガーリーなアイテムは、男性からすると「プリンセスみたい」という印象。
ぶりっこというイメージが強いアイテムなので、落ち着いた大人の女性を演出したいときにはおすすめしません。

男性ウケは悪くても、女性にとってガーリーなものは女子力を上げてくれるもの。
ファッションではなく、インテリアや部屋着に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(3)ストリート・スポーティーなコーデ

『カジュアルすぎて住む世界が違うのかなって』(27歳/商社)

スケーターブランドやスポーツブランドなど、ユニセックスなアイテムは男性ウケがあまりよくありません。
大人の女性には色合いやフォルムが落ち着いたアイテムを身に付けてほしいという意見も多数。

運動するとき以外は避けた方がおすすめです。

(4)露出多めなコーデ

『露出は下品なイメージになっちゃうので、もっと見せないのに色気ある服着て欲しい』(30歳/企画)

したたかな女性に、大胆な露出は似合いません。
下着が透けている、インナーが見えているといった点も気をつけたいところです。

肌を露出しなくても、内から色気が漂う女性を目指しましょう。


今回は、男子が引いてしまうNGコーデを紹介しました。
大人の女性らしく、上品なファッションを楽しみましょう。

コーデを考える際や、お買い物の際に参考になればうれしいです。

(恋愛jp編集部)