好きっていう気持ちが爆発すると、抱きしめたい衝動にかられてしまいますよね。
そこには男女の違いはありません。

男性だって女性だって、好きな人とはハグしたくなるものなんです。
今回は彼女を抱きしめたくなっちゃう瞬間4選をご紹介しちゃいます!

(1)守ってあげたい気持ちになったとき

例えば彼女が泣いていたり、相談を受けたとき。
自分にだけ”弱さ”を見せてくれたときに、胸がキューンッとなって抱きしめたくなっちゃうんです。

普段は頼りなかったり、甘えん坊な彼だったとしても「女の子を守りたい!」っていう気持ちは必ず持っています。
その眠れる父性本能が働いた時に、抱きしめたいと思うみたい。

(2)嬉しい気持ちになったとき

彼女がご飯を作ってくれた!彼女がプレゼントをくれた!彼女が自分に何かしてくれたとき、とってもハッピーな気持ちになりますよね。

そんなときに、嬉しさを伝えたくて抱きしめたくなっちゃうんです。
あなたが自分のためを思って何かしてくれたという気持ちが伝わったときに、彼も最大限の愛情で応えたいと思うみたい。

(3)可愛くてたまらないとき

自分に会えて嬉しそうな姿や、何かに喜んでいる姿を見たときに「かわいい~!」と抱きしめたくなっちゃうそうです。

他にも不意打ちの「大好きだよ」っていう言葉だったり、突然のキスだったりに「可愛い!!!」って思うみたいなので、ぜひ試してみてください♡

(4)さみしそうな姿を見たとき

後ろ姿から哀愁が漂っていたり、なんとなくシュンとしていると感じたときに、元気づけようとして抱きしめたくなっちゃうんです。
大切な彼女ですもん、元気がなかったら心配になっちゃいますよね。

女性よりも鈍感な男性だからこそ、そのシチュエーションで強く抱きしめたい!という気持ちになるのかもしれませんね。


彼の前では素直で可愛い彼女でいられれば、自然と抱きしめてもらえるタイミングは訪れるのかもしれません。
もし、彼からのハグが不足してると感じたらストレートに「抱きしめて♡」と言っちゃうのもありです。

ストレートなあなたの愛情が彼に伝わるはずです♡

(恋愛jp編集部)