脈ありだと思っていたら、女性に厳しい対応をされてしまった経験はありませんか?
また、それとなくフェードアウトされてしまうことも。

これらは男性の勘違いが原因の可能性があります。
今回は「勘違い男」がとってしまいがちな言動をチェックして、当てはまることがないか振り返ってみましょう。

(1)やたらと近い

『いやでもあからさまに拒否ってなかなかできないし、気づいてほしい』(25歳/飲食)

「両想いかもしれない」と思うと、ついつい女性との距離感を縮めてしまいがち。
また、好きな気持ちが強いと触れたくもなりますよね。

女性は表面上笑っていても、内心では距離感にイライラしている可能性があります。
もし気持ちが一方通行の場合、「セクハラ」と認識されるケースもあるので注意が必要です。

(2)一方的に嫉妬

『なんで付き合ってもないのにいちいち「あいつはやめとけ」とか言われなきゃいけないの』(29歳/サービス)

好きな人が他の男性と仲良くしたり、手を出されそうになれば、誰しも嫉妬するもの。
ですが、その嫉妬をそのまま表現するのはNGかもしれません。

嫉妬されて嬉しいのは好きな男性に対してのみ。
好きでもない人に口出しされると「自由にさせてよ」「彼氏でもないのに束縛しないでよ」と反発心が生まれます。

(3)報告LINE

『インスタとかにあげればいいんじゃないかな』(27歳/企画)

好きな女性に自分のことを分かってもらいたい、同じ気持ちを共有したい。
そんな気持ちから、その日あった出来事や自撮りを送る男性もいます。

受け取った側はどう感じるでしょうか?
実は、男性のことを相当好きでないと、「私のLINEはSNSじゃないんだけど」と突っ込みたくなります。

付き合う前の時点で送ると自爆する可能性大です。

(4)告白していないのに振る

『自意識過剰?!むかつくのでもう連絡しません』(31歳/輸入)

大人になると告白のタイミングが曖昧になることも。
特に男性の方が曖昧に考える傾向があります。

女性の何気ない言動で「脈あり」を感じ取り、勘違いしてしまうケースも多くなるのです。
言い寄ってくる女性をあしらったつもりが、実は男性側の勘違いだったという事も……

そんな時、女性は怒りすら通り越して呆れ返るでしょう。


勘違いは「決めつけ」や「はやとちり」の積み重ねで生まれます。
また、女性の心を正確に読み取れる男性こそ、真のモテといえます。

女性とのミスマッチが起きないように気を付けましょう。

(恋愛jp編集部)