お付き合いが長くなると、時には喧嘩することもありますよね。
自分の意見をきちんと伝えることも必要なことです。

ですが喧嘩して気まずくなるより、早めに仲直りして楽しく過ごしたいですよね。
「喧嘩した後の男性心理」と「仲直りポイント」についてご紹介します。

(1)自分から謝るのは嫌だ

『喧嘩しても自分から謝るのは苦手ですね……』(27歳/IT)

仲直りはしたいけど、自分から謝るのは嫌だ!と思っている男性は多いもの。
男としてのプライドがあり、自分から謝るのは負けを認めるようで悔しく、抵抗があるのです。

こんな場合は彼女の方が大人になって、自分から謝ってあげるのが仲直りポイント。
そうしたら意外と素直に「俺こそ、ごめん」なんて言ってくることも。

(2)仲直りのきっかけが欲しい

『なんかきっかけがあれば仲直りできるんだけどな……』(28歳/飲食)

もう怒ってないけれど、何かきっかけがないと仲直りしづらい、と思っているケースも多いもの。

ですが気まずい空気の中、自分から行動に移すのは勇気が必要ですよね。
何か会う口実をつくったり、ご飯を用意してあげたり、ちょっとしたきっかけを作ってあげるのも仲直りポイントの1つです。

(3)放っておいて欲しい

『怒りが冷めるまで放っておいてほしい』(26歳/商社)

喧嘩したことで彼が傷ついていたり、なかなか怒りが冷めないといった場合も。
そんなときはお互いに少し時間を置いて、冷静になれる時間が必要かもしれません。

時間が経つと客観的に物事が見えることもあります。
しばらく彼を放っておいて、ほとぼりが冷めるのを待つのも1つの手です。

(4)冷静に話し合いたい

『冷静に話し合ってきちんと解決したいですね』(28歳/営業)

女性は感情的になりやすいと言われています。
どちらかというと、彼女の方が客観性を失って怒ったり悲しんだりしている場合もあります。

論理的な彼なら、落ち着いて冷静に話し合い、何が問題なのか掘り下げたいと思っているでしょう。

仲直りポイントは、落ち着いて冷静に話し合える場を用意すること。
感情的にならずに喧嘩の原因を話し合いましょう。


仲直りの方法は十人十色ですが、4つのケースをご紹介しました。
長く付き合っていたら喧嘩はつきもの。

本音を言い合うことによって絆も深まります。
うまく仲直りして、ずっと仲良しカップルでいましょう。

(恋愛jp編集部)