男性を虜にさせ翻弄する「魔性の女」って、ちょっと憧れませんか?

そんな魅力的な女性は、いったいどのような女性なのでしょうか。
モテを意識するなら、「魔性の女」の魅力を知っておいて損はないはず。

そこで今回は、なぜか男を引き寄せる「魔性の女」はどんな人なのかを紹介していきます。

(1)外見を磨いている

『やっぱり美しい人っていうのは基本だと思う』(28歳/アパレル)

男性を魅了するような女性は、外見の美しさも大事!
だからと言って、生まれ持った美しさが必要なわけではありません。

「魔性の女」は、美しさのために外見を磨くことを惜しみません。
容姿が整った美人ではなくても、メイクやファッション、スタイルを磨くことで美人を作り出しています。

(2)ミステリアスな雰囲気

『私生活が見えないとか恋愛の部分が見えないって人は、魔性の女っぽい』(26歳/証券)

「魔性の女」の代名詞とも言える、ミステリアスな雰囲気は欠かせない特徴ですよね。
ミステリアスな雰囲気を出すことで、男性のもっと知りたいという欲を上手に刺激します。

しかし何を考えているのかわからず自分のことを何も話さない人では、興味の入り口がないもの。
「魔性の女」は、情報を絞っているだけで、すべてを話さないわけではありません。

(3)隙がある

『隙があるのになかなか自分のほうを向いてくれない、っていうのが魔性じゃないかな』(31歳/IT)

どんなに美人で魅力的でも、鉄壁のガード力を持ち合わせていると、誘いたくても難しいですよね。
「魔性の女」は、男性が行動を起こしたくなるような隙があります。

もちろん隙がありすぎると簡単に手に入ってしまうので、隙はちょっとだけが基本。
少しだけ弱い部分を見せたり、笑顔で話しかけたりして、上手に隙を作っています。

(4)ギャップを見せる

『ギャップはマジでやられる』(29歳/企画)

恋愛においてギャップは、重要な要素です。
たとえば強い女性が弱っているところや、クールな人が見せるやわらかい笑顔など、ギャップで恋に落ちることは多いもの。

「魔性の女」は、上手にギャップを演出することで、男性を魅了しています。
ギャップを見せるには自分のキャラを演じるのではなく、自然体でいることが大事。


「魔性の女」になるには、それなりにテクニックや生まれ持った才能が必要かもしれません。
しかし魅力的な女性には変わりないので、自分ができる部分を取り入れるといいかも。

モテ度を上げるためにも、「魔性の女」を参考にしてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)