オシャレは自己満足とは言いますが、せっかくなら男性から「カワイイ!」って思われるファッションをしたいところ。
どんなにオシャレに着飾っても、男性からドン引きされてしまっては意味がありません。

今回は男性目線でのNGファッションをご紹介しちゃいます!
ぜひ参考にしてくださいね。

(1)ザ・ブランドファッション

『ブランド物で全身固めたようなファッションは下品……』(27歳/建築)

女性なら憧れのブランドがたくさんありますよね。
ただ主張の強すぎるものは避けましょう。

ロゴがゴテゴテと入っていたり、ブランドにブランドを合わせてみたり……。
「ザ・ブランド」っていうファッションは「オシャレ」というより「下品」に見えるみたい。

さらっとブランドものを身につけるくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

(2)体型に合った服を選ぶ

『体型を隠すのに必死で、自分のスタイルに合ってないサイズの服を着てるのはダサい』(28歳/飲食)

太ってるのをカバーしたり、貧相なラインを出さないために、ゆるっとしたシルエットのものを選んだりしていませんか?
それが逆に隠したい部分を強調している場合もあるのかも。

自分の体型を客観的に見た時に、チャームポイントとウィークポイントを把握するのはとっても大切です。
その上で自分の体型を生かせるサイズ感のものを選ぶのが、真のオシャレなのかもしれません。

(3)ハズシすぎて統一感がなさすぎる

『全体にまとまりがなさすぎてわかってないなぁって感じ……』(26歳/アパレル)

ハズシはオシャレには欠かせません。
ただあまりにもちぐはぐなアイテムを合わせてしまうと、あえてなのか素なのかわからなくなってしまいます。

その絶妙なラインを判断するのはとっても難しいことですが、そこは勉強あるのみ!
雑誌やSNSなどを参考にしましょう。

(4)カラーが多すぎる

『全体的に見て色が多すぎてごちゃごちゃしててダサい』(27歳/金融)

派手……とはちょっと違うのですが、トータルバランスで見た時に、取り入れるカラーは3色までにしましょう。
それ以上のカラーの多用は、ガチャガチャとまとまりがなく見えてしまいます。

靴やバッグなどの小物を同一色にするだけでも、グッとまとまりがUPするので、オススメです!


オシャレって本当に奥が深いものですが、コツさえつかんでしまえば意外と簡単なんです。
サイズ感と色選びさえ分かれば、あなたにピッタリの洋服が見つかるはず!

自分に似合う服を着ることが、一番のオシャレなのかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)