気になる男性からのLINEがつれない気がする……。
そんな女性はもしかしたらそのLINEを続けるかしっかりと見極めたほうがいいかも。

今回はもらったら諦めるべき脈ナシLINEを4つご紹介していきます。

(1)LINEの返信がずっとこない

『興味ない子とはあんまりLINEする気になれない』(28歳/サービス)

LINEの返事がずっとこないのは脈ナシのLINEでしょう。

多くの男性は興味を持った女性にならドキドキして返信をしています。
それは忙しくても時間を見つけてはLINEで連絡を取っているものです。

「忙しいから」といって連絡をしてこないのは、実は脈ナシの態度ですね。
なのでいつまでも待っていないで次に進むのが賢明かもしれません。

(2)付き合うことはないとハッキリ言われた

『ちょっとでも気が合ったら、わざわざ付き合う気がないなんて言わないよ』(27歳/営業)

付き合うことはないとハッキリと言われた場合は、脈ナシ。
彼女はいるの?と聞いたときに「いるよ」と答えがあった場合も同じです。

その男性は、一線を引いているのでそれ以上入り込むことは許しませんよというアピールをしています。
もし彼女がいたとしてあなたのことをさらに誘うようであれば、完全にお遊びが大好きな彼なのでこちらからお断りしておくほうがいいでしょう。

(3)返事の内容がそっけなく途切れそう

『どうでもいいような子だったら、別にLINEが途切れても困らないから返信をそこまで考えないかな』(28歳/コンサル)

返事の内容がそっけなく、あなたが会話を膨らませなければいつでも途切れそうな場合は脈ナシLINEですよ。
男性からしたらそのLINEはあってもなくてもどちらでもよいものです。

無くなっても別に悲しくもないし、あっても別に気にもならないというような程度ですね。
なのでそっけない場合はこちらから切ってみて返事が無ければ次へ行きましょう。

(4)デートに誘っても友達をいつも誘うように仕向けてくる

『何も思ってない子からデートに誘われたら、勘違いさせないように絶対2人きりでは行かない』(28歳/商社)

デートに誘っても、そのデートに友達をいつも誘うように仕向けてくる場合は脈ナシLINEです。

男性は気になる女性には自分からデートに誘います。
ましてや2人で行くような場所に友達も誘うということになると、完全に2人きりになるのを避けているといっていいでしょう。


男性は正直にLINEでも態度を表しています。
悲しい事実かもしれませんが、時として前に進むためには受け入れるのも必要なもの。

もっといい男性を見つける機会だとポジティブに考えて見てくださいね。

(恋愛jp編集部)