彼に好かれているかどうかわからず悩んではいませんか。
実は、彼が二人きりのときに見せる態度を見ることで、彼がこちらに好意を抱いているのかどうか確かめることができるんです。

今回は、彼が二人きりのときに見せる好意を4つご紹介します。

(1)距離が近い

『好きな人とはもっと親しくなりたいなって思いますね』(27歳/広報)

彼が二人きりでいるときにできるだけあなたに近づこうとするなら、それは好意がある証拠です。

あなたに心を許しているので、あなたと近づいても不快に感じることがありません。
むしろもっと親密になりたいと思っているくらいです。

(2)二人きりのときだけ笑顔になる

『好きな子と二人きりで話してると楽しくて自然と笑顔になっちゃう』(28歳/営業)

普段はあまり笑わない男性が、二人きりのときだけ笑顔になったり、テンションが高くなったりすることってありますよね。
これはあなたと二人で話すことが楽しく、あなたのことを好意的に思っている証拠です。

いつもは警戒心が強いせいで他の人の前で笑顔になることはありませんが、あなたのことは好きなので、素の自分を出すことができるというわけですね。

(3)できるだけ話を続けようとする

『好きな子とせっかく二人になれたのに、沈黙なんてもったいない!』(27歳/公務員)

あなたと二人きりでいるときに、彼ができるだけ話を続けようとするなら、好意があると思って構いません。
その行動の通り、あなたと話したいという欲が強いことになるからです。

あなたと話すことが楽しい、あなたのことをもっと知りたいし自分のことももっと知って欲しいといった気持ちが彼にはあります。

(4)自分の深い話をしてくる

『好きな人には自分の話を色々聞いてもらいたい』(28歳/マーケティング)

自分の過去や悩みなど、他の人には言えないような深い話をしてくるなら、彼には好意があると思っていいでしょう。
あなたにだけ話せると彼が思っていることになり、信頼度はかなり厚いです。

恋愛的に大好きと思われているとまでは言えませんが、現時点で信頼していて、人として好意的に思われていることは確定ですね。
彼の気持ちをじっくり受け止め、あなたも好意を伝えることで、一気にあなたに夢中にさせることも可能ですよ。


彼と二人きりになったときは、相手が普段とどれくらいギャップがあるか見るといいでしょう。

普段とのギャップが大きく、あなたとできるだけ二人きりでいようとするなら、彼はあなたのことを好意的に見ています。
彼の気持ちに応えてあげて、いい関係を築いていってくださいね。

(恋愛jp編集部)