男性が本命だけにする言動があることをご存知でしょうか。
遊び相手には絶対に言わないような言葉があるわけですね。

今回は、男性が本命だけにする言動を4つご紹介します。

(1)君じゃないとダメ

『君じゃないとダメなんて、相当本気で好きじゃなきゃ言わないよね』(27歳/経営)

最近はネットの影響からか、相手に好きと簡単に使う人が増えました。
そのためただ好きと言われるだけでは、相手が本命に思ってくれているのか判断ができません。

そこでチェックしたいのが「君じゃないとダメ」という言葉です。
君が好きという気持ちだけではなく、君がいないとダメ、君しかいないという気持ちがこめられています。

男性の熱い思いがこめられていて、本気具合がうかがえますね。

(2)人に言えないような失敗

『誰にも言えないような失敗でも、好きな人には受け入れてほしい』(28歳/広報)

男性の中には、人に言えないような失敗を経験したことがある人がいます。
過去に破産経験があるとか、受験に落ちてボロボロになったことがあるとか、大事な友達を傷つけてしまったことがあるなどですね。

なかなか人に言いづらいような自分のツライ過去やカッコ悪い失敗などを語るのは、相手が本命で、自分をすべて受け入れて欲しいという気持ちがあるためです。
本命だからダメな自分もいい自分も知って欲しいという気持ちの表れなんですね。

(3)具体性のある将来の話

『本当に一緒にいたいと思ってるからこそ、将来の話をするんですよ』(27歳/営業)

ただ大きな夢を語るだけでは、本命と思われているかどうかはわかりません。
しかしそれが具体性があって達成できそうに思えるような将来の話なら、本命だと思われている可能性が高いですよ。

二人の将来を本気で考えており、それに向けて動いているということになるからです。
遊び相手にはそれだけ頑張ることはできないでしょう。

(4)君のことを知りたい

『本当に好きな子のことは色々知りたくなる』(26歳/飲食)

男性が女性のことをもっと知りたいということを言ってくるなら、本命に思われている可能性があります。
もしも遊び相手なら遊べればいいので、相手のことを深く知る必要性がないからです。

もっと知りたいと思う気持ちは、独占欲と、相手の役に立ちたいという気持ちの表れですね。


男性の言動から、本命に思われているかどうか判断することができます。

今回ご紹介した4つの言葉を言われているなら、本命だと思われていることは間違いないでしょう。
男性心理をバッチリ把握して、素敵な恋愛をしてくださいね。

(恋愛jp編集部)