夏目漱石はかつて、「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳しました。
それ以降、上品でロマンチックな告白には、この言葉が使われるように……。

こうしたロマンチックな告白をしてみたいと思いませんか?
今回は素敵な告白の仕方を4つ、ご紹介していきます。

(1)3本の赤い薔薇を渡す

『彼女から3本の赤い薔薇を渡されて、まさか女の子から花をもらうと思わずにドキッとしました』(27歳/広報)

赤い薔薇は愛を示す花言葉を持ち、本数でも意味が変わります。
中でも、3本の赤い薔薇は「愛しています」「告白」を意味します。

「月が綺麗ですね」と同様、直接的ではない告白方法が、とても味を出していて素敵。
ロマンチックな雰囲気とともに、花言葉の意味を語ってはいかがでしょうか?

(2)特別なカクテル

『カクテルで告白なんてオシャレですね』(28歳/飲食)

カクテルにもさまざまな意味が込められていて、オシャレなバーでスマートに告白できます。
注目すべきは、カクテルによってさまざまな愛の伝え方ができるということ。

たとえばアプリコットフィズは「振り向いてください」、シェリーは「今夜、すべてを捧げます」、ワインクーラーは「私を射止めて」。
スクリュードライバーの「あなたに心を奪われた」も素敵ですね。

(3)一つだけのディナー

『記念日にオリジナルメニューのディナーを予約してくれていて、とても嬉しかったですね』(27歳/広告)

彼の誕生日や何かの記念日など、特別な日にオススメなのが、一つしかないディナーを作ってもらうこと。
個人経営のお店などでは、事前に予算や内容を相談することで、オリジナルのメニューを用意してくれることもあります。

もちろんお店によって対応できるかどうかは変わるので、実現するまでは少し難易度が高め。
ですが特別な愛情が伝わること間違いなしです。

(4)グッと来るラブソングを流す

『ロマンチックなラブソングを聴かせてもらって、グッときました』(26歳/不動産)

ドライブや家でデートする時、「凄い感情移入する曲なんだ」「なんか自分の事みたいで感動しちゃった」といって、グッと来るラブソングを流しましょう。

音楽は言葉以上に感動を与えてくれるもの。
自分の愛情にもっとも近い、ロマンチックなラブソングを選んで、彼にありのままの気持ちを伝えるのです。


告白の方法はさまざま。
どれも単純に「好きです」と伝えるよりも、オシャレでムードのある方法ですね。

きっと記憶に残る素敵な告白になるはず。
大好きな彼に告白する時、ぜひ使ってみてください。

(恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条