女性のファッションは男性よりバリエーションが多く、服選びに困る方も多いかと思います。
また男性がどのようなファッションが好みで嫌いなのか気になりますよね。

今回はそんな男性にセクシー狙いがばれてしまう下品コーデを解説していきます。

(1)短すぎるパンツ

『明らかにお尻がはみ出ているのに、そんな短いパンツ履かなくても……』(26歳/営業)

スカートが短すぎるということはあると思いますが、パンツが短すぎるとはどういうことなのでしょうか。

よくあるのが、デニムのパンツからお尻が少しはみ出ている場合です。
明らかにそのパンツを履いている女性も気づいてるでしょう。

男性からするとふしだらな印象に見えてしまいますし、セクシーに見てもらいたいことがバレバレです。
そうならないように短すぎるパンツは控えましょう。

(2)胸元のざっくり開いた服

『胸元がざっくり開いた服って目のやり場に困る……』(27歳/広告)

これも同様に見せすぎです。
胸が大きい小さいにかかわらず、男性は困惑してしまいますよ。

胸元が開いていると、男性は目のやり場に困り会話をするのにも嫌気がさします。
つまりはあえて胸元は見せないほうがセクシーを演出できるのです。

(3)肌の露出が多すぎる

『スタイルに自信があるのかもしれないけど、あまりに露骨で萎える』(26歳/SE)

スタイルがいいことをアピールしたいのが見え見えで、冷めてしまいます。
また男性は意外にもさまざまなところを見ているので、露出が多すぎるせいで見たくないものが見てしまうこともあります。

さらには冬でも先ほど述べたようなショートパンツを履いている方を見かけると、寒いのにそんなところで頑張らなくても、と思う男性も多いでしょう。
冬には冬の適したの服装をするほうが、男性として魅力的に感じます。

(4)タイトすぎる服

『タイトすぎる服ってセクシーすぎてちょっと……』(29歳/コンサル)

女性のタイトな服装はもちろん、男性は嫌いではありません。
しかしタイトすぎるものはセクシーを強調しすぎてしまいます。

たとえばTシャツをタイトに着てしまうと下着まで透けてしまい、強調しすぎだと感じてしまうでしょう。
要するに、強調しすぎないことがポイントだといえるのです。


男性はたしかにセクシーな女性が好きです。
しかし肌を露出していたり、胸元を強調した服装をセクシーと思うわけではありません。

たとえばタイトなセーターのように胸の大きさを強調してはいますが、露出は少ない服のほうがより魅力的に感じます。
つまり見えないセクシーというものがあることも知るべきでしょう。

(恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条