職場で誰かを好きになると、立場を気にしたり、周囲を気にしたり、思うように恋愛が進められないことも。
でも男性は好きな女性に対して「態度」で好意を示しています。

早く気づいてほしい。気付いてOKサインを返してほしい。
そんな切実な願いに応えるため、男性が好きな人に見せる態度を確認していきましょう。

(1)目をそらすのに見つめる

『好きな子のことはつい見つめちゃうけど、目が合うと恥ずかしくてそらしちゃいます』(27歳/SE)

ふと視線を感じて確認すると、途端にに目をそらす男性。
「気のせいかな?」「目をそらすってことは嫌なの?」と思っても、またこっちを見つめてる……。

この場合、男性は女性のことが好きすぎて、無意識に目で追っています。
でもいざ目が合うと理性を取り戻し、慌てて目をそらしているのです。

(2)困っていたら助ける

『好きな子が困っていたら助けになってあげたいですね』(26歳/IT)

仕事上のトラブルに見舞われたり、大量の仕事に翻弄したり、好きな女性が困っている時。
想いを寄せる男性は、すかさず助けに行きます。

職場でアピールするチャンスを得ることは難しく、仕事で困っているタイミングこそ、唯一の近づくきっかけなのです。
女性の喜ぶ顔見たさに、全力で手伝ってくれるはずですよ。

(3)メールがやたら多い

『好きな人とはあれこれ理由をつけてでもLINEしたい』(27歳/不動産)

業務上の連絡がやけに丁寧で、そもそも回数が多い。
これは「仕事」を理由に、2人きりのやり取りをするチャンスだと思っている証拠です。

職場での会話は周囲にも見られていて、特別感が得られません。
それに比べ、メールであれば1対1のコミュニケーションなので、存分に自分をアピールできます。

(4)部下として可愛がる

『本当は女の子として可愛いと思ってるけど、引かれるの怖いし部下としてってことにしてます』(29歳/人事)

あくまで「部下として」と言いつつ、思いきり可愛がってくる時、実は立場はただの名目かもしれません。

部下として可愛いのではなく、女性として可愛いと思っている。
でもあからさまにアピールすればセクハラだと思われるかもしれない。
その結果、可愛い部下のポジションが確立するのです。


「職場」という環境ならではの態度ばかりでしたね。
職場恋愛は進めるのに勇気が必要ですが、出会いの大半を占めるのも確か。

男性の態度から好意を察知したら、女性からも近づいてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

診断バナー