年齢的には十分に大人でも、内面が大人になりきれてなくて、「子どもっぽい」と思われてしまう女性もいます。
あまりに子どもっぽいと、男性から「付き合えない」と思われてしまうかもしれません。

そこで今回は、男性に「子どもっぽい」と呆れられる女性の特徴をご紹介します。
あなたに当てはまることがあれば、なるべく早く改善した方がよいでしょう。

(1)思い通りにいかないと機嫌が悪くなる

集団の中では、自分の思い通りにいかないこともあります。
大人なら、何度も経験しているので理解しているはず。

しかし、子どもっぽい女性は、自分の思い通りにいかないと機嫌が悪くなります。
自己中心的なところが子どもっぽくて、呆れられてしまうでしょう。

(2)自分が悪くても謝らない

子どもっぽい人は、自分の非を認めて謝ることができません。
大人なら自分が一方的に悪くなくても謝ることはできますが、子どもっぽい人は自分が悪くても人のせいにして謝らないのです。
謝ることもできなければ、子どもっぽいと思われても仕方ありません。

(3)感情の起伏が激しい

大人の女性はイラっとすることがあっても、顔に出さずにいられます。
しかし、子どもっぽい女性は感情の起伏が激しく、急に怒り出すこともあって男性を困らせます。

我慢ができない性格は、男性から「子どもっぽい」と思われてしまいます。
あまりにも感情の起伏が激しいと、距離を置かれてしまうかもしれません。

(4)自分の話ばかりする

相手の話を聞くよりも、自分の話ばかりをするということも子どもっぽい女性の特徴です。
相手が退屈そうな表情をしていても気づきません。

また、相手が話しているときも、「実は私もね…」と自分の話にしてしまいます。
自分のことしか考えていないところは、子どもっぽくて呆れられてしまいます。


「子どもっぽい」というのは、素直で純粋という褒め言葉ではありません。
男性に言われたら「付き合いにくい」という意味になることがありますので、改善した方がよいでしょう。

(恋愛jp編集部)

診断バナー