たまに嫉妬されるくらいなら、ある意味嫉妬も嬉しいものですよね。
やきもちを焼いてもらえるということは、それだけ一番に大事に思ってもらっている証拠。

そんな彼の気持ちをたまに確かめたくなったら、うまく彼の嫉妬心を煽っていくのもおすすめです。
そこで今回は、彼の嫉妬心の上手な煽り方について解説していきたいと思います!

(1)他の男性の話を出す

『そいつと話した事を楽しそうに報告されるとなんかもやっとする』(26歳/サービス)

やっぱり鉄板の他の男性の影をちらつかせることですよね。
まずは第一ステップとして、他の男性のことを話に出してみましょう。

嫉妬深い男性なら、それだけでもちょっとムッとしてしまいますよね。

(2)他の男性のことを褒める

『俺だって褒められたいのに……』(30歳/人事)

他の男性の話を出したなら、いっそのことその人のことを褒めてみましょう。
「〇〇さんって仕事早いんだよね~憧れちゃうよ」なんて彼女が話していたら、彼はどう思うでしょうか?

明らかに面白くないですし、一瞬で嫉妬心に火がついてしまう人は多いはずです。

(3)たまになら元彼の話を出しても……

『元カレって俺が彼女とするより前にいろんな事一緒にやってた相手だし嫉妬しないわけない』(27歳/金融)

もっと彼を嫉妬させるなら、思い切って元彼の話を出してみても良いかもしれません。
もちろんやりすぎはNGなので、頻度は抑えめにすることが大事ですが、男性がついライバル視してしまう相手は彼女の元彼です。

急に元彼の話を出されたら、すぐにでも嫉妬心を強めて彼女を放したくなくなる男性は多いはずです。

(4)LINEの返信を遅めにする

『なんで今日はこんなに遅いのかなって気になる』(29歳/インテリア)

彼の嫉妬心をうまく煽るなら、LINEの返信を少し遅めにして、彼を不安にさせるのも一つの手です。
こちらもやりすぎには注意したいところですが、急にそんなことされれば「もしかして浮気!?」と彼も心配になるでしょう。

それが嫉妬心を煽るきっかけになり、やきもち焼きになった彼の姿を珍しく見れるかもしれませんね。


本当に彼氏に愛されているのかどうか、急に不安になることはよくあることですよね。
そんなときは、あえて彼氏の嫉妬心を煽ってみて、気持ちを確かめることも必要かもしれません。

やりすぎには注意しつつ、他の男性の名前を出したりしながら、彼にやきもちを焼かせてみましょう!

(恋愛jp編集部)

◆PR-【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?