合コンでの第一印象を左右するのが、お決まりの自己紹介。
自己紹介の段階では、マイナスイメージを与えずに男性の関心が得られるとベストです。

今回はどんな自己紹介が男ウケするのか、初めて合コンに参加する人向けに、方法をご紹介していきます。

(1)仕事・趣味・呼び名を掛け合わせる

自己紹介では、自分の人柄や相手が話しかけやすい話題を提供できると、後々の会話が弾みやすいです。
そのため、まずは自分の基本情報を伝えましょう。

どんな仕事をしているのか。呼んでくれた人とはどんな関わりなのか。何が好きなのか。どんな名前で呼んでほしいのか。
こうした情報が一つでもあると、合コンに参加している男性が興味を持ちやすくなります。

(2)笑顔で

自己紹介するときは、緊張してついつい顔がこわばりそうになることも。

一番大切なのは笑顔です。
優しげな表情を浮かべながら話せば、自己紹介の内容がプラスな印象になります。

いつもより少しだけ口角を上げて、声のトーンが明るくなるようにしましょう。
ちょっとした意識だけでも、印象が各段に変わりますよ。

(3)ハキハキと

自信が無かったり緊張すると、早口になったり活舌が乱れることもあります。
ですが、第一印象を良くするためには、ハキハキと話せることが大切。

自己紹介は、相手に自分のことを知ってもらうためのものです。
相手の立場を考えて「伝えること」を重視するのが大切。

注目されている自分の状況に慌てがちですが、相手への挨拶だと思って自己紹介しましょう。

(4)目を合わせながら

自己紹介しながら、目を合わせることで「あなたに向けて話していますよ」という意思表示になります。
誠意を伝えるためにも、目線を向けるようにしましょう。

目を合わせるのは特定の人である必要はありません。
参加している男性陣全体にをゆっくり見渡しながら、できれば全員にアイコンタクトを遅れるといいですね。


最初の自己紹介は、どうしたらいいのか分からなくなって、慌ててしまうこともあります。
ですが、特別なことをする必要はないので、笑顔や愛嬌を意識しることが大切です。

ぜひ、合コンを楽しんできてくださいね。

(恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条