「彼女に甘えられたい」と思っている男性は数多くいます。
大好きな女性の甘えた姿は、とにかく可愛くてメロメロになってしまうんです。

今回は男性に可愛いと感じてもらえる「4つの甘え方」をご紹介。
「甘え方が分からない」「男性にウケる甘え方をしたい」という人は、ぜひ使ってみてください。

(1)彼の前だけ出す「特別感」

常に甘えん坊な姿を見せていると、「誰にでも愛想を振りまくのかな?」を思われてしまいます。
そのため、彼の前でだけ甘えた姿をみせることが大切です。

2人きりの時だけくっついて来る。口調が変わる。幸せそうに見つめてくる。
こうした、一途な愛情を注ぐことで、男性は「彼氏で良かった」とつくづく思うでしょう。

(2)ちょっとしたお願いを重ねる

彼にかまってほしい。彼に相手にしてほしい。
そんな気持ちから、彼にちょっとしたお願いごとをするのも、愛情を感じる行為です。

ポイントは重たくないお願いごとをすること。
気になっているお店のケーキが食べたいとか、5分だけ電話したいといった、男性が負担に感じない内容を選ぶのです。

そして、最後に心からお礼を言うのも欠かせません。

(3)デレデレ照れる

当たり前に甘えようとすれば、ちょっと可愛げが無く感じてしまうこともあります。
そのため、甘える時はデレデレになったり照れたり、嬉しい気持ちを前面に出しましょう。

甘えるのが恥ずかしい人ほど、その気持ちを出した方が、謙虚さを伴います。
何度甘えても、新鮮な気持ちで喜びを伝えるのがポイントです。

(4)彼からの誘いは即OK

男性が「甘えていいよ」「頼っていいよ」という合図を出してくれた時は大チャンス。
彼からの誘いは即OKしましょう。

ここで強がって振り払うと、男性はせっかくの好意を裏切られた気分になります。
そして、二度と誘ってくれなくなるでしょう。


上手に甘えるためには、些細な絶妙やニュアンスを工夫することが効果的です。
得意な女性は、甘えたい時に甘えるだけでなく、彼の受け入れ態勢を確信したうえで判断しています。

そして、いざ甘える時には、とことん甘え尽くしてしまいましょう。

(恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条