今回は、男性が思わずニヤけてしまうスキンシップの数々をご紹介!

彼らが期待しているスキンシップとは、一体どのようなものがあるのでしょうか。
気になる彼に一歩でも近づきたいと考えている人は、必見ですよ。

(1)肩をポンポン

『肩をポンポンって叩かれるとドキッとする』(28歳/サービス)

肩をポンポンと触るスキンシップは、男性たちから大好評!
「ドキッとする」「意識しちゃうかも」といった声が多く、心待ちにしている男性もいるんだとか。

挨拶時に取り入れれば自然に行えるので、彼をドキドキさせたい人は笑顔と一緒にこのスキンシップを実践してみましょう。

(2)談笑中に二の腕をポンポン

『話してる時に不意に二の腕をポンポンされるとキュンとします』(29歳/SE)

二の腕をポンポンと触るのも、男性ウケがいいスキンシップの1つです。
いきなり触ると不自然ですが、談笑中にこのスキンシップを行えば彼を喜ばせることができる上に、トークも弾むこと間違いなし!

男性はリアクションがいい女性を好む傾向にあるので、彼との時間を充実させるためにも積極的に行動を起こしましょう。

(3)「こんなに冷たくなっちゃった」と手を触らせる

『冷たくなっちゃったって言って手を触らせられるとめちゃくちゃドキドキする!』(28歳/マーケティング)

男性は女性のやわらかい肌に触れると、ドキドキを隠すことができなくなります。
そのため肌に触れてもらうシチュエーションを作り出すのも、ベストな選択です。

寒い日は手の冷たさを利用すると、自然なスキンシップが図れるのでオススメですよ。

(4)間接キス

『間接キスってめちゃくちゃドキドキする……!』(27歳/マーケティング)

関係を一気に進展させたいのであれば、間接キスを目論むのも1つの手です。
「間違いなく意識する」という男性意見が多かったので、友達止まりの関係からなかなかステップアップできない人にうってつけ!

「それ美味しそう!ちょっと飲ませて」と無邪気に切り出せば、男性はドキドキしながらも自分のグラスを差し出してくれるはずですよ。


男性は、単純な人が多いです。
そのためちょっとしたスキンシップを試みるだけで、彼との関係は進展を見せるかもしれません。

今回紹介した例を参考に挑戦しやすい方法を取り入れて、恋人になれるきっかけを作りましょう。

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条