恋愛に不器用な男性が最近増えています。
素直に思いを伝えられないなどがよく見られる傾向です。

そんな恋愛に不器用な彼氏が彼女にする愛情表現についてご紹介します。

(1)なるべく時間を作る

『彼女のためなら何としてでも会える時間を作るよ』(26歳/金融)

不器用で鈍感な彼氏の愛情表現としてあげられるのがこちら。
不器用な男性は、思いを素直に伝えられない代わりに、「疲れていたり忙しくても彼女のため」に時間を作ろうとします。

仕事などで彼女の時間を取るのが難しくなっても、頑張って、彼女のために時間を作って会おうとします。
これは不器用彼氏なりの愛情表現なのです。

(2)話を真剣に聞こうとする

『しっかり彼女の話は聞いてあげたいと思うな』(28歳/マーケティング)

奥手であっても、好きな女性の話はよく聞こうとするのが不器用彼氏の特徴。
話下手である分、聞き役に徹するのです。

どんな話でも真剣に聞いて、時にはよき相談役になってくれます。

女性のくだらない話でもOK。
楽しそうに聞くのが、不器用彼氏なりの愛情表現の一つです。

(3)こまめに連絡を送る

『不安にさせたくないから連絡はマメにするね』(32歳/商社)

3つ目の愛情表現は、こまめに連絡を送ろうとしてくれる姿です。
口下手で直接話すのが難しい不器用さでも、LINEやメールなどではしっかりと返します。

先程と同じように、どんなにくだらない話でも、返事をしてくれるのは不器用彼氏なりの愛情表現と言えます。

(4)何があっても心配してくれる

『少し元気がないだけでもすごく心配になるよ』(29歳/証券)

不器用でもやっぱり彼女は大切。
そんな大切な存在が不安を抱えているときや、大変なときにはしっかりと心配をしてくれます。

どんなにささいなことでも、「大丈夫?」とそんな一言をかけてくれます。

しっかりと心のなかでは彼女のことを日頃から心配していて、自分の愛情を伝えられないという不器用なりの愛情表現なのです。


今回は不器用な彼氏が彼女にする愛情表現についてご紹介します。
不器用すぎてイライラしてしまうこともあるかもしれません。

でも、心の奥ではしっかりとあなたのことを大事に思っているので、おおめに見てあげることも必要かもしれません。

(恋愛jp編集部)

診断バナー