男性が本命に選ぶのは、真面目で誠実な女性です。
将来を見据えたら、しっかりした人が選ばれるのは必然的。

「遊んでそうだな」と思う子は、本命から外れてしまうのです。
本命から外されがちな、軽く見られる女性のコーディネートとはどんなものなのでしょうか?

(1)超ミニスカート

『本命の子だったら、過度な肌見せはやめてほしいと思う』(26歳/営業)

パンツが見えそうな超ミニ丈のスカートは、男ウケから程遠いアイテムです。
過度な肌見せを喜ぶのは、遊び目的のチャラ男だけです。

本命になりたいのなら、膝丈やミモレ丈のスカートをチョイスしましょう。

(2)谷間などの肌見せ

『誰にでも平気で肌を見せる女性は、遊んでそう』(25歳/販売)

ミニスカート同様、行き過ぎた肌見せといえるでしょう。
そもそも谷間や脚など、自分の肌をさらけ出すコーディネートをする女性は、男性から良いイメージを得がたいです。

一晩の相手に出来そうと軽く見られてしまうので、安易な肌見せは避けましょう。

(3)アニマル柄

『アニマル柄って品がないんだよなぁ……』(27歳/マーケティング)

レオパードやゼブラ柄は、寒い季節になると流行り出します。

ただ、アニマル柄を目にした男性の感想は
「強そう」「チャラそう」といった散々なもの。

中には「おばちゃんっぽい」という声も。
男性にとってアニマル柄は、遊んでるように見え、かつ老けて見える恐ろしいアイテムなのです。

どうしても着たい人は、女子会用コーデにしておきましょう。

(4)ギラギラの光物

『服もネイルもギラギラしてる子とは自然と距離を置いちゃうかも』(26歳/IT関連)

ギラギラ輝くアイテムも、身に付ける人の品を落とします。
ビジューの大きなアクセサリーや、ラメが生地に織り込まれた服などは敬遠されがち。

ネイルを飾る派手なデコストーンにギョッとする男性もいます。
「きらびやかな世界の人だな」と、そっと距離を置かれるでしょう。


派手で露出が多いファッションは、無意識に「遊んでそう」「チャラそう」なんてイメージを植えつけてしまいます。
人は見た目で判断しがち。

自分のイメージを良いものに変えたいのなら、チャラ見えコーデは封印しましょう。
本命に近づく第一歩は、清潔感と女性らしさを兼ね備えた見た目ですよ。

(恋愛jp編集部)