名前で呼ばれることって意外と嬉しいですよね。
男性が自分のことを名前で呼んでくる……ちょっとドキッとしてしまうことも。

そこで今回は男性が女性を下の名前で呼ぶ理由についてご紹介します。

(1)仲良くなりたい<脈アリ>

『下の名前で呼んで、もっと仲良くなりたいって思ってます』(27歳/IT)

男性が女性を下の名前で呼びたくなる一つの理由が「仲良くなりたい」というものです。
「仲良くなりたい」というのは友達という意味ではなく、好きな人として関係を縮めたいというもの。

少しでも距離を近づけることを期待して、下の名前で呼ぶ傾向になるようです。

(2)周りに仲の良さを見せつけたい<脈アリ>

『周りの人にも仲がいいところを見せつけて、自慢したい』(28歳/販売)

周りに仲の良さを見せつけたい。
そんな心が見え隠れしているのが、下の名前の呼び。

他は普通に呼んでいるのに、下の名前やあだなで呼ぶことで特別感を周りに誇示したがっているようです。

あなたに直接関係はないかもしれません。
しかしどうしても男性は自慢したがりなので、周りの人に見せつけたいのでしょう。

(3)周りに合わせているだけ<脈なし>

『他の人も名前で呼んでるし、いいかなって思って』(27歳/IT)

脈なしの場合をご紹介します。
周りの人がそう呼んでいるから、自分もそう呼ぶだけだという人もいるようです。

こちらは特段仲良くはなかったとしても、下の名前で呼ばれます。
脈アリとは程遠いところにあります。

(4)友達だから<脈なし?>

『友達だし、下の名前で呼ぶのは普通じゃない?』(28歳/サービス)

友達は下の名前で呼ぶ。
こういうふうに決めている男性もいるようです。

親しみを込めて下の名前で呼んでいるという人もいます。
男性にとって親しい人になっていれば、ここから脈アリに転じる可能性もあります。

下の名前で呼んでいて、親しいことを話す間柄であればワンチャンありますよ。


今回は男性が女性を下の名前で呼ぶ理由についてご紹介しました。

脈アリの場合と脈なしの場合の2つがあります。
脈なしから脈アリになる場合もあるので、下の名前で呼ばれるだけでなく、自分たちがどんな関係なのかを意識しましょう。

(恋愛jp編集部)

診断バナー