恋愛するうえで「価値観の一致」を求める声は数多くあります。
こうした意見を聞いてると、「価値観が違う場合はどうすればいいの?」と戸惑うことも……。

もちろん価値観が一致していなかったとしても、幸せな恋愛は可能です。
ここでは「価値観が違う彼氏」と上手に付き合う方法を4つご紹介していきます。

(1)あえて距離感を取る

『価値観が合わないからってムリに合わせようとするより、適度な距離を保って付き合う方がいいと思う』(28歳/公務員)

価値観の合わない者同士が急接近すると、恋愛の熱が冷めた時に不用意に衝突してしまいます。
どれだけ好きでも、あえて距離を取る方が、関係性にヒビが入らないこともあるのです。

彼の価値観をすぐに受け入れる余裕がない時は、会う頻度を少なめにして、「会えたことへの喜び」で満たすようにしましょう。

(2)違いをポジティブに捉える

『お互い違うところが合った方が、たくさん発見があっていいよ!』(27歳/IT)

価値観が違うこと自体が悪いわけではありません。
お互いに「自分が正しい」と主張しすぎれば衝突になりますが、むしろ価値観の違いは多様性を生みます。

彼は自分にない考え方ができるということ。
2人の考え方を合わせれば、どんな困難も乗り越える力強さにつながる可能性があります。

そのため違いを「摩擦」ではなく「補い合う」という認識で捉えましょう。

(3)重要な価値観は擦り合わせる

『趣味や好きなものが違っても問題ないと思うけど、金銭感覚とかは合わせていった方がいいかもね』(28歳/金融)

価値観の違いを受け止めることも大切ですが、重要な価値観は擦り合わせることですれ違いが防げます。
代表的なのが、「金銭感覚」や「生活関連」です。

長く付き合ったり結婚を視野に入れると、この2点が別れの原因になるケースが多いといえます。

逆にこの要点だけでも価値観を合わせることができれば、長続きするということ。
否定や押し付けをすることなく、お互いが納得できる結論を出しましょう。

(4)尊敬できる価値観を取り入れる

『お互いの違いを尊敬できると、いい関係でいられそうですね』(26歳/不動産)

価値観の違う彼は、自分にはない魅力をたくさん持っています。
「尊敬できるな」と感じる価値観は、積極的に取り入れていきましょう。

彼へ寄り添う姿勢には愛情が感じられるだけでなく、価値観を広げることで人間味も増します。
自分を成長させるきっかけにしましょう。


必ずしも価値観が一致していると、すべてがうまく行くわけではありません。
価値観の違いと上手に向き合うことで、簡単には壊れない絆を作り上げることも可能。

ぜひ価値観が違う彼と上手に付き合ってください。

(恋愛jp編集部)

診断バナー