彼とキスするときは、よりロマンチックなキスが楽しめるようにポイントをしっかりチェックしておきたいところ。
いつまでも子どもっぽいキスでは、彼も飽きてしまうかもしれませんよね。

より彼をドキドキさせられるような、そんな魅力あふれるキスの仕方は、ぜひ身につけておきましょう。
今回は、キスする前のチェックポイントについて解説していきたいと思います!

(1)顔はゆっくり近づけて

『いきなりガツガツされるのはちょっと……。ゆっくりと落ち着いてキスしたいです』(27歳/営業)

キスをするとき、慣れていない人は、つい急激に相手に顔を近づけてしまいがち。
あくまでゆっくり、焦らすように顔を近づけていくことをまずは意識してみましょう。

そんなゆっくりさを心がけるだけで、キスのシチュエーションはとてもロマンチックで大人っぽいムードになるものですよ。

(2)鼻が当たらないように注意

『せっかくいいムードなのに鼻が当たって微妙な感じに……』(26歳/IT)

キスをするときは、まず彼と鼻が当たって微妙な雰囲気にならないように注意しましょう。
せっかくのいいムードも台無しになってしまいます。

少し顔を傾けて、鼻が正面衝突しない角度で唇を合わせるのがポイントです。
顔を近づけるとき、自然なかたちで顔を傾けていけるといいでしょう。

(3)自分の産毛はしっかりチェック

『キスしようとしたら彼女にヒゲが生えててドン引き』(28歳/企画)

顔に生えている産毛が少し濃いめな人は、キスする前に産毛のチェックは忘れないようにしましょう。

キスするということはそれだけ彼の顔が近づくということ。
産毛を見られたことで、「マジか……ヒゲ生えてるんだけど……」と引かれてしまう場合もあるということです。

(4)キス中は彼の体に触れてみよう

『キスの最中に体を撫でられるとドキドキしちゃいます』(27歳/不動産)

キス中は、なるべく自然な雰囲気の中で彼の体に触れていくのがオススメです。
ただ棒立ちで手を下げたままでは、なんだかかたい感じがしてロマンチックさに欠けますよね。

彼の腰や首の後ろなどに手を回し、自然とカップルらしいラブラブな雰囲気が作れるようにしていきたいですね。


よりロマンチックな雰囲気を作るなら、キスする前にぜひ以上のようなポイントをおさらいしてみてください。
とくに特別な日にするキスは、お互いにドキドキするムードをしっかり感じたいですよね。

ぜひそんなロマンチックなキスをして、ラブラブ度アップを狙っていきましょう!

(恋愛jp編集部)

診断バナー