彼からのLINEの頻度が落ちてきた、返信が遅くなってきた、テンションが低くなってきた……。
こうした変化に気付いてしまうと「どうして?」と理由を知りたくなるもの。

彼のLINEの態度は、なぜ変化してしまったのか?
考えられる理由をご紹介していくので、判断の参考にしてみてください。

(1)体の関係になったから

『一回エッチしちゃうと興味が薄れちゃうんですよね』(29歳/サービス)

体の関係になった日を境に態度が変わったのなら、男性の女性へ対する関心が薄れている証拠。
男性は一線超えることを一つのゴールとして考えており、達成してしまうと急に興味を失ってしまうのです。

彼の中で愛情が一旦冷めている状態なので、そのまま責めてしまうと逆効果に。
男性の心をもう一度射止めるための努力が、必要になってきます。

(2)重要ではない内容だから

『たいして重要じゃないなって思うと返信しなくていいかって思う』(28歳/企画)

付き合う前、届いたLINEをすぐに返しているのは、女性に嫌われたら困るからです。
でも慣れが出てくると「このくらいの内容なら重要じゃないから、後で返せばいいや」と考えるようになります。

実際女性からしてみると、些細なやりとりにこそ意味があります。
でも安心しきった男性は、心を繋ぎ止める必要がないからこそ、返信が雑になっていくのです。

(3)心を許しているから

『疲れた時にはLINEする気力がなくて、ついつい後回しにしちゃいます』(27歳/人事)

男性から「仕事が忙しくて大変」「疲れ切っちゃった」などの弱音や愚痴があるなら、彼は返信する余力がないのかもしれません。

本当は返した方がいいと分かっています。
でも彼女の優しさに甘えて、後回しにしているのです。

この場合、男性が心を許している証拠ともいえます。
「彼女なら自分のことを理解してくれる」という安心感があるからこそ、取れる行動なのです。

(4)関心がないから

『別にたいして好きじゃないので、LINEの返信も面倒なんだよね』(28歳/人事)

女性からしてみると最も怖い原因ですが、彼女への関心がないという場合もあります。
対して好きじゃなかったり、愛情が冷めきっているから、リアクションを取りたいと思えないのです。

この状態の彼は、頭の中に「別れ」が過っている可能性もあります。
連絡がないことを責めたりせず、デートの際に男性の心を掴むアプローチを重ねましょう。


LINEの態度が変わるのにはさまざまな理由があり、中にはシビアなものも見受けられます。
とはいえ連絡頻度そのものを責めるより、彼の内面を見極めることが大切。

今回の結果を参考に、彼との関わりを見直す機会にしてみましょう。

(恋愛jp編集部)

診断バナー