片思いの男性から不意打ちのキスをされた時、「ひょっとしたら両想いかも!」と舞い上がってしまいますよね。

しかし、その後「ごめん」と謝られたら……なんだかモヤモヤした気持ちに。
今回は、キスしてきたのに「ごめん」と謝ってくる男性の心理を4つご紹介します!

(1)恋愛感情がないから

『その気はなかったのに酔ってしまった時に近くにいる子に勢いでしてしまったから』(26歳/金融)

謝罪する理由の多くは、ズバリ「その女性のことを恋愛対象として見ていないから」です。
その女性をキスしたくなるほど好きなら、謝るなんてことは絶対にしません。

むしろそのまま勢いで告白するはずです。
しかし、失恋したりお酒を飲み過ぎたりした場合、たまたまその場にいた女の子にキスをするパターンがあります。

(2)順番を間違えたから

『本命の子だったのに抑えられなくてつい…ということもある』(30歳/商社)

逆に、告白前の本命女性にキスをしてしまった場合、「ついやってしまった」という意味をこめて謝罪することもあります。

大体は、「告白してからキス」が王道パターンですが、その順序を逆にしてしまった為申し訳ない気持ちになるのです。
その女性に本気だからこそできる謝罪ですが、果たして女性はその男性の気持ちに気付けるかどうか……?

(3)本命ではないから

『本命ではないけどキープとしてはいいかなと思ってキスした後に謝るパターン』(28歳/不動産)

女性にとって1番ショックなのがこのパターン。
彼女はいるけど、遊び目的でキスしてみた浮気男が謝る……という流れです。

「君のことがかわいくてつい……(彼女は別にいるけど)ごめん(遊び相手が欲しい)」という解釈と捉えてよいでしょう。
女性側からすれば、ぜひとも避けたい男性ですね。

(4)ノリでやってみたから

『その場のノリでキスした後に一気に後悔した』(29歳/飲食)

アルコールが入った飲み会やその場のノリでキスした男性が、後から謝るパターンもあります。

お互いが承知の上でノリノリでキスしていることが多いので、気まずさはありません。
しかし、時間が経って冷静になった時、「ちょっと悪ノリし過ぎた」という意味を込めて謝罪します。


キスしてきたのに「ごめん」と謝ってくる男性の心理を4つご紹介しました。

基本的に気分を害する理由がほとんどですが、まだ謝ってくるだけマシかもしれませんね。
今後、キスしたのに「ごめん」と謝られたら、あまりポジティブに捉えないほうが良いでしょう。

(恋愛jp編集部)