外見や内面がダサい人っていますよね。
ダサい女性は男性からも「2人きりで会うのはちょっと……」と思われてしまい、恋愛のチャンスも訪れにくくなってしまうでしょう。

今回は、そんなダサい人の特徴を外見に絞ってご紹介します。
もし「当てはまる」と思うものがありましたら、今すぐ改善しましょう!

(1)流行遅れの服を着ている

『今それ着てるの?って思うような服を着てるとちょっと……』(28歳/商社)

何年も前に流行して、今や誰も着ていないような流行遅れの服を着ていると、ダサいと思われてしまいます。
流行しているときはオシャレな服でも、流行遅れになるとダサい服になってしまうので注意が必要です。

まだ着れそうでも、流行遅れの服は、あまり外に着て行かない方がいいでしょう。
服を何年も大切に着る人は、定番アイテムを選んだ方が安心です。

(2)若作りファッション

『年齢に合った服を着てほしいですね』(26歳/営業)

年相応とは思えないフリルの服やリボンがついた服を着ていると、若作りをしてダサいと思われてしまいます。

たとえ似合っているとしても、年齢を知っている人には「若作りしてダサいな」と思われるでしょう。
可愛い服が好きな人は注意しておきましょうね。

(3)毛玉があっても気にしない

『毛玉だらけの服を気にせず着てる子は恥ずかしい』(28歳/人事)

ニットの服は着用時に擦れて毛玉ができてしまいます。

たとえ今年買った服でも、擦れる部分には毛玉ができているかもしれません。
何年も着ている服であれば、袖にたくさん毛玉ができているかも?

それを気にせずそのまま着ていたら、ダサくて恥ずかしいと思われてしまうでしょう。
毛玉は清潔感を損なうので、お手入れしておくことをオススメします。

(4)あまりにも安っぽい

『明らかに安物って服を着てるのはダサいですね』(27歳/飲食)

プチプラの服は、気に入ったものを色違いで買ったり、流行のものを気軽に買ったりできるので、大人でも愛用している人が多いでしょう。
しかし一目でプチプラとわかるようなペラペラ素材や安っぽい色の服は、「ダサい」と思われてしまいます。

普段着としてならいいでしょうが、デートに安っぽい服だと残念に思われるかも?
上質な服とプチプラの服をTPOに応じて使い分けるようにしたいものですね。

ダサい人と一緒にいると、自分までダサく見られそうだから「サシでは会いたくない」と思われるかもしれません。
ダサく見える人の特徴をご紹介しましたので、当てはまりそうなものがあれば、さっそくクローゼットを見直しましょう。

(恋愛jp編集部)