大好きな彼との冬デート!
可愛いと思ってもらいたくて、つい気合も入りますよね。

しかし気合が入りすぎたあまり「狙いすぎ……」と引かれるコーデをしていませんか?
今回は冬デートでのNGコーデをご紹介します。

(1)からだのラインを強調しすぎ!ぴったりニット

『からだのライン強調しすぎてる服ってちょっと狙いすぎて引く……』(27歳/建築)

冬ならではのニットですが、あまりにぴったりとしたニットだと体のラインを拾いすぎていやらしい印象になる場合も。
とくに胸が大きい人は胸が強調されすぎるので注意したほうがいいかもしれません。

またアラサ―になると背中や脇のハミ肉が気になることも。
ぴったりニットだとぜい肉のラインまで拾ってしまいます。

こちらも全身鏡でみてチェックしてみてくださいね!

(2)防寒対策に気合入りすぎ

『防寒対策しすぎでモコモコ……可愛くないよ』(27歳/IT)

冬のデートは寒く、からだの冷えやすい女子にとっては暖かさを重視するのは大切です。
マフラーぐるぐる巻きに、もこもこのアウター、足元はムートンブーツ。

このような度を超えた防寒対策ばっちりな服装だと男子も引いてしまいます。
おばさんっぽさを感じさせてしまう程のコーディネートは控えた方がいいでしょう。

(3)コート脱いだらびっくり!露出高すぎな服

『コートを脱いだらめっちゃ露出してて引いた……』(29歳/広告)

コートを脱ぐとノースリーブにミニスカート。
彼に少しでもセクシーさを感じて欲しいという乙女心はわかります。

しかし厚手のコートを脱ぐと想像以上の薄着!
これには彼も「狙いすぎ……」と思っているかもしれません。

コートの中も季節感をある程度考えたコーディネートの方がいいでしょう。

(4)コーディネートに合っていない小物

『小物がコーディネートに合ってないと違和感あるわ』(27歳/公務員)

最後に一点忘れがちなのが、小物です。
帽子やマフラー、耳あて、手袋など冬ならではのファッション小物もたくさんありますよね。

全身のコーディネートがばっちりでも、この小物類が浮いている場合もあります。
シンプルでクールな服装にノルディック柄のニットの手袋など全身で見ると「んん?」と思うコーディネートになっていませんか?

最後まで油断せず、彼に会う前に全身鏡でチェックしてくださいね!


何にしてもやりすぎは禁物です。

冬ならではのコーディネートを制して彼に「可愛い!」と思ってもらうチャンスです。
季節感を大事にした服装で挑んでくださいね。

(恋愛jp編集部)