2020年、あなたの恋愛の傾向と対策を発表します。
今回は、おひつじ座・おうし座・ふたご座・かに座編です!
星座別に解説しますので、自分の星座の傾向と対策をチェックして、2020年の恋愛を思う存分楽しんでください!

▽そのほかの星座運勢はコチラ!
・しし座(7月23日~8月22日)
・おとめ座(8月23日~9月22日)
・てんびん座(9月23日~10月23日)
・さそり座(10月24日~11月22日)
・いて座(11月23日~12月21日)
・やぎ座(12月22日~1月19日)
・みずがめ座(1月20日~2月18日)
・うお座(2月19日~3月20日)

おひつじ座:「安定の中で、心の癒しと成長をする年」

2019年、ラッキーだったおひつじ座ですが、2020年は空回りしやすく上手くいきません。
期待はずれだったり、自分の魅力を発揮できたりする場も少ないでしょう。
5~6月は安定志向が良いので、これまで暖めた関係を大切にしましょう。
真面目な人との出会いもあるでしょう。

また、今年はワクワクする恋愛よりも、心の癒しに目が向くとき。
異性も見た目の好みより、一緒にいて癒される相手、精神的に成長できる相手がラッキーです。
表面的にはあまりパッとしない恋愛運に見えますが、心の奥底から自分が成長・脱皮する1年です!
12月後半から一気に運気がUPします。2021年に向けて飛躍のために、自分を磨く1年です。

気になる彼の【星座別の特徴】はこちら!

おうし座:「穏やかな幸運。突然の恋を経験するおうし座も!」

2020年は穏やかな幸運も加わり、楽しくかつ自分を発展させてくれる相手が現れます。
自分らしくいることを大切に。魅力が発揮できる1年なので、いつも周囲に良い人間関係をひきつけるでしょう。

恋の相手は、社会的地位も高く立派な人になりそう。職場での出会いもあるかも。
また4月生まれの牡牛座は、すでに昨年から人生の大きな変化を迎えていたはずです。
今年も、5月初頭まで生まれのおうし座は引き続き変化と脱皮を経験します!
自分が変わるとふさわしい相手が現れるもの。恋の始まりも、突然でしょう。
4~6月だけ少し試練がありそうなので、コミュニケーションを良くしましょう。

気になる彼の【星座別の特徴】はこちら!

ふたご座:「恋は少しお休み。盲目的な恋に注意!心の癒しも」

2019年、恋に仕事に大忙しだったはずのふたご座。今年は少し休んで調整が必要な年です。
特に1~3月と7~12月は、6月中旬生まれのふたご座は少し試練のとき。
誤解されたり、試練があったりすることも。誠意をもって人間関係を築きましょう。

6月上旬~中旬生まれのふたご座は、異性を見る目が狂いやすい1年です。
想像力が増しすぎて相手の人柄と事実が見えていないことも。独り相撲の恋愛にならないよう、しっかり相手を見てみましょう。
人生に夢を見たい時期ですが、不誠実な相手にだまされないように!
5月生まれのふたご座は、心の癒しに良い1年です。
見た目よりも内面重視でのお付き合いは、心の傷を癒す大人の恋に!

気になる彼の【星座別の特徴】はこちら!

かに座:「魅力が増して人気の年!ゴールインするかに座も!」

2020年はあらゆることに忙しく、注目を浴びる年です。かに座の魅力が大きく開花し、人気の的に!
憧れの人も、今年ならお近づきになれるチャンスも!周囲があなたを放っておかないはず。

普段通りでも魅力的ですが、特に今年は今までとは違うことにチャレンジし、自分をレベルアップさせることで運気アップ。
思ってもみなかった素敵な相手に出会えるチャンスが増えます。
7月中旬以降の生まれの人にとっては、今年はケジメの年。長くお付き合いした人とゴールインするのに良い年です。
周囲から結婚のプレッシャーが来るかも。
同時に夢とロマンスをもたらす星も味方をしているので、打算だけではなく、夢のある結婚ができるかも

気になる彼の【星座別の特徴】はこちら!

いかがでしたでしょうか?
自分の2020年の恋愛の傾向と対策を知ることで、恋愛をもっと楽しむことができるはずです。
ぜひ、参考にしていただいて2020年も恋愛を謳歌してください!

(恋愛jp編集部)

診断バナー