2020年、あなたの恋愛の傾向と対策を発表します。
今回は、いて座・やぎ座・みずがめ座・うお座編です!
星座別に解説しますので、自分の星座の傾向と対策をチェックして、2020年の恋愛を思う存分楽しんでください。

▽そのほかの星座運勢はコチラ!
・おひつじ座(3月21日~4月19日)
・おうし座(4月20日~5月20日)
・ふたご座(5月21日~6月21日)
・かに座(6月22日~7月22日)
・しし座(7月23日~8月22日)
・おとめ座(8月23日~9月22日)
・てんびん座(9月23日~10月23日)
・さそり座(10月24日~11月22日)

いて座:じっくり恋を育てる年。疑心暗鬼にならないよう気をつけること

2019年は最高にハッピーだったいて座。恋も仕事も主役だったはず。
2020年はその幸運も少し去り、落ち着いた日常に戻ります。
2019年に始まった恋を2020年は穏やかに育てる時期です。

11月生まれのいて座は特に、4~6月に安定期を迎えます。
恋にマンネリを感じても、それをマイナスにとらえず二人の堅い絆にしていきましょう。
一方12月(特に中旬以降)生まれのいて座は、相手の行動に不安になることも。
想像力が豊かになりすぎて相手を詮索したり、心が安定しません。相手に理想を押し付けてしまうことも。
パートナーがいない人は、理想が高くなりすぎて現実のつきあいに発展しづらいことも。
肩の力を抜いて、気軽な付き合いを心がけましょう。

気になる彼の【星座別の特徴】はこちら!

やぎ座:最大ラッキーなやぎ座!人生を賭けた恋を!

2020年最もラッキーなのがやぎ座です。恋に仕事に、なんでもOK!望む現実を作っていけます
まじめで慎重なやぎ座ですが、2020年だけは楽観的にやりすぎくらいで十分!

特に1月中旬生まれのやぎ座は、今年が最後の大きなチャンス!一生を共にできるパートナーと出会いゴールする可能性も。
12月生まれのやぎ座は、自分を改革していくとき。
理想の相手のイメージを一新して心を柔軟にしたら、思ってもみなかった相手との縁ができるかも!
新しい自分に生まれ変わらせてくれるような相手との恋かもしれません。
ただしその過程では、過去のつらい恋を思い出すかも。これを乗り越え恋の脱皮をするのが今年のテーマです。

気になる彼の【星座別の特徴】はこちら!

みずがめ座:友達感覚の恋と、突発的な恋の関係。恋に答えを出すみずがめ座も

2019年は穏やかな幸運の年でした。恋は友達感覚で進んだでしょう。
2020年はその縁を継続しつつ、年末から来年に訪れる本格的な最大の幸運に備える時期です。
意中の人がいるなら、今は友達のままでも焦らず、良い関係を続けましょう。

1月生まれのみずがめ座は、恋に突発的な変化も起きます。
いきなり別れたと思ったら、すぐに次の相手が出来るなど。今年は変化が多く安定しない年です。
そんな中でも1月生まれのみずがめ座は、4~6月に節目を迎えます。今の恋人とゴールインするか、長い春を終わりにするか。
ここで何か決定を出したくなるはずです。その気持ちを無視していると、状況的に答えを出さなければならないことに。

気になる彼の【星座別の特徴】はこちら!

うお座:持ち前のロマンチストで、周囲に魅力を振りまく年。安定と刺激に別れるうお座の恋

ここしばらくずっと夢を追い続けていたうお座。もともとロマンチストで、恋も献身的なうお座。
特に2月~3月上旬生まれのうお座は、そうした傾向が強かったここ数年です。

2020年も、3月上~中旬生まれのうお座は、ロマンチックな恋を夢見ます。
またあなた自身が周囲から見てとても魅惑的になるため、人生に残るロマンスを経験するかも。
そんな夢見心地のうお座ですが、2020年は現実的な感覚も取り戻したいところ。
特に3月中旬以降生まれのうお座は、恋人との関係にしっかりした絆を作るとき。
2月生まれのうお座は、恋に刺激を求めます。友達感覚で変わった趣味や魅力を持った人に惹かれるでしょう。
少し距離を置いてお付き合いすれば、あなたの魅力が増すはず!

気になる彼の【星座別の特徴】はこちら!

いかがでしたでしょうか?
自分の2020年の恋愛の傾向と対策を知ることで、恋愛をもっと楽しむことができるはずです。
ぜひ、参考にしていただいて2020年も恋愛を謳歌してください!

(恋愛jp編集部)